top of page

採用動画制作に失敗する理由とは?失敗を防ぐポイントを紹介!



採用動画はさまざまな企業で取り入れられており、YouTubeやSNSで公開されているものもあります。


ただ、安易に作ると失敗するかもしれません。


そこで今回は、ほとんどの企業が採用動画制作で失敗する理由や失敗しないためのポイントなどを紹介します。


新たな人材を集めるために採用動画を作ろうと考えているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。


 

目次

いまやどの企業も制作している「採用動画」

  • 会社説明動画

  • 職場紹介動画

  • インタビュー動画

採用動画制作で失敗する理由

  • 就活生が求めていることと動画の内容がずれている

  • そもそも採用動画があることを伝えられていない

  • 見てもらえているだけで終わっている

  • 人選やセリフを間違えている

  • メッセージや表現が不適切だった

採用動画制作で失敗しないためのポイント

  • ターゲットや伝えたいメッセージを明確にする

  • 最終的なゴールを設定する

  • 他社の採用動画における成功事例を参考にする

  • SNSや動画共有サイトでも紹介する

採用動画を作ってくれる業者の選び方

  • 採用動画の制作実績が豊富

  • 料金が明確

  • 担当者がしっかりサポートしてくれる

  • 採用動画の戦略まで考えてくれる

採用動画を作るなら戦略まで考えてくれる会社に依頼しよう!




現在ではさまざまな企業が採用動画を取り入れており、メディア関係の業種ではない会社でも用いられています。


ただ、採用動画と一口に言っても以下のような種類があります。

  • 会社説明動画

  • 職場紹介動画

  • インタビュー動画

それぞれ特徴があるため、まずはどのような採用動画があるのか見ていきましょう。



会社説明動画では、会社の歴史や実績などを紹介します。


人材を集めるためには、まずどのような会社なのか紹介しないと興味を持ってもらえません。


公式サイトで情報発信する方法もありますが、具体的かつ魅力的に情報を発信するのであれば、動画がおすすめです。


参照:株式会社メガネトップ



例えば株式会社メガネトップの場合、アニメーションで具体的なデータを紹介し、会社の実績をPRしています。




採用動画を作る際には、どのような職場なのか紹介することも大切です。


職場の雰囲気や環境、設備などを動画で紹介することにより、働きやすい職場であることをPRできます。


例として株式会社バンダイでは、テレビの取材動画のような形で職場を紹介しており、どのような雰囲気で働いているのか把握しやすくなっています。


参照:株式会社バンダイ





実際に会社で働く際には、職場環境や給与だけではなく、社員の雰囲気も重要です。


事実、株式会社i-plugが2020年で就活生に行ったアンケートにて、「働き方について気になるのはどのようなポイントですか?」という質問に対し、最も多かった回答が「どのような社員が働いているか」でした。


インタビュー動画はどのような社員が働いているのか把握できるだけではなく、仕事への熱意ややりがいなどもアピールできます。


例えば佐川グローバルロジスティクス株式会社では、インタビューを交えつつ、ある社員の1日を紹介しています。



参照:佐川グローバルロジスティクス株式会社



採用動画を作る企業は多々ありますが、作ったからといって必ず成功するとは限りません。


それどころか、失敗してしまうところもあります。


採用動画が失敗する理由として挙げられるのが、以下の5つです。

  • 就活生が求めていることと動画の内容がずれている

  • そもそも採用動画があることを伝えられていない

  • 見てもらえているだけで終わっている

  • 人選やセリフを間違えている

  • メッセージや表現が不適切だった

採用動画で失敗しないためにも、どのような失敗があるのか、今のうちに把握しておきましょう。





企業が伝えたいことと就活生が求めていることがずれていると、思うように人材を集められないかもしれません。


例えば事業内容や実績などを全面的にアピールするような動画は、わざわざ動画を見なくても公式サイトを見れば把握できるため、あまり効果が得られないでしょう。


就活生が求めていることは事業内容や実績よりも、職場の雰囲気です。


事実、for,Freelance株式会社が2022年に22〜23歳の就活中の社会人を対象にした調査でも、職場の雰囲気が企業を調べる上で一番難しかったという結果が出ています。


参照:for,Freelance株式会社「就活学生のエントリー実態・採用動画に関する調査」


また、似たようなデータとして、2021年に就職活動生を対象に株式会社EXIDEAと株式会社Cheerが共同で行ったアンケートがあり、全体の60%ほどが社員の人柄や社風を知りたいという結果が出ています。



参照:株式会社EXIDEA「コロナ禍における就職活動の変化に関するアンケート調査」


この背景にはオンライン化の影響があり、直接社員と会うことが少なくなったがゆえに、社員の人柄や社分を知りたいと考える人が増えたといえます。




多くの企業が採用動画を作り始めているとはいえ、採用動画自体の知名度はそこまで高くありません。


上記で紹介したfor,Freelance株式会社のデータによると、全体の40%ほどしか採用動画を視聴していないという結果が出ています。


参照:for,Freelance株式会社「就活学生のエントリー実態・採用動画に関する調査」


現在では動画を掲載できる就活サイトも増えていますが、それでも採用動画自体はあまり見られていないのが現状です。


結論として、ただ採用動画を作るのではなく、そこからどのようにして見てもらうか考える必要もあります。




採用動画を作る際には、印象に残るかどうかも重要です。


印象に残らない動画は就活生の心に響きにくく、忘れ去られやすいでしょう。


そもそも、採用動画は見てもらえるだけでOKというわけではありません。


動画視聴をきっかけに、会社説明会に参加してもらったり応募してもらったりなどのアクションまでしてもらうことがゴールです。


どれだけ多くの人に見てもらえたとしても、そこからのアクションが無い場合は、採用動画として失敗しています。




インタビュー動画や実際に社員が登場する動画の場合、出演者の雰囲気や声などが重要になります。


例えば服装が乱れていたり誰かに言わされているようなセリフだったりすると、ネガティブなイメージを持たれてしまいます。


インタビュー動画に出演する社員は、その会社の顔のような存在です。


だからこそ、なんとなくで選ぶのではなく、慎重に選ぶことが求められます。




インパクトやバズを目指してユニークな採用動画を作るもの1つの方法ですが、メッセージの内容や表現方法が不適切だと炎上するかもしれません。


採用動画ではないにしても、演出方法やメッセージの内容、表現の仕方などで炎上してしまった企業は数多くあります。


炎上してしまうと会社としてのイメージが大きく損なわれてしまうため、注意が必要です。



上記で紹介したように、安易に採用動画を作っても思ったような効果が得られないどころか、マイナスなイメージを持たれてしまう恐れもあります。


ただ、採用動画自体は就活生へ自社を効果的にアピールする方法の1つであることに変わりはありません。



参照:レバレジーズ株式会社・株式会社プルークスが共同「就職活動におけるスマートフォンの活用と採用動画視聴に関するアンケート調査」


また、同じアンケートによると、採用動画はあったほうが良いと考える就活生が全体の約90%もいるという結果も出ています。



参照:レバレジーズ株式会社・株式会社プルークスが共同「就職活動におけるスマートフォンの活用と採用動画視聴に関するアンケート調査」


このことからわかるように、採用動画は多くの就活生に求められていることであり、失敗するリスクから採用動画を作らないのは非常にもったいないのです。



採用動画はなんとなくで作っても失敗する恐れがあるため、以下のポイントを覚えておきましょう。

  • ターゲットや伝えたいメッセージを明確にする

  • 最終的なゴールを設定する

  • 他社の採用動画における成功事例を参考にする

  • SNSや動画共有サイトでも紹介する

それぞれどのようなポイントなのか、1つずつ紹介します。




採用動画を作る際には表現方法や出演者よりも、ターゲットや伝えたいメッセージが重要になります。


そのため、いきなり作るのではなく、伝えない内容や見てもらいたいターゲットを明確にすることから始めましょう。


事実、中途採用向けの動画と新卒採用向けの動画ではターゲットや伝えたいメッセージが異なります。


例えば、中途採用向けの動画は社会人経験者に見てもらうためのものであるため、新卒採用向けの動画よりも細かい業界の説明をする必要が無くなります。




別の項目で紹介したように、採用動画は見てもらえるだけでOKというわけではありません。


最終的にはどのようなアクションをしてもらいたいのか、ゴールを設定することが重要です。


動画を作る際にも、ゴールが設定されていると、そこから逆算する形で内容を決めやすくなります。




もしどのような採用動画にしようか悩んでいるのであれば、他社の成功事例を参考にしてみるのがおすすめです。


他の採用動画を見てみることで、採用動画を作る上でのヒントが見つかるかもしれません。


​株式会社テレビ新潟放送網


株式会社テレビ新潟放送網では、イメージと実際の仕事内容のギャップから定着率が低いという課題を解決するために、上記の動画を制作しました。


社員の声を積極的に取り入れており、仕事の楽しいことだけではなく、苦しかったことや辛かったことも紹介しています。


具体的なことまで発信したおかげで、離職率の改善や選考途中での離脱率の低下にもつながりました。



サワダ精密株式会社

引用:サワダ精密株式会社


サワダ精密株式会社では、半人前をテーマに採用動画を制作しました。


ビジネスの奥深さや情熱を感じられるような内容であり、映画のような重厚感のある雰囲気に包まれています。


仕事の情熱を感じられる動画を作ったことにより、サワダ精密株式会社はやりがいやレベルアップを重視している求職者の獲得に成功しました。




採用動画を多くの人に見てもらうためには、公式サイトだけではなく、SNSや動画共有サイトでも紹介することもおすすめです。


実際に多くの就活生がSNSや動画共有サイトをチェックしており、上記で紹介した株式会社EXIDEAと株式会社Cheerのアンケートによると、30%ほどの就活生がSNSや動画共有サイトで企業情報をチェックしていることが明らかになっています。


参照:株式会社EXIDEA「コロナ禍における就職活動の変化に関するアンケート調査」


このことからもわかるように、多くの就活生にアピールするのであれば、SNSや動画共有サイトへの投稿も必要になります。




採用動画の制作実績が豊富なところだと、作りたい動画に応じた企画の提案やサポートなどをしてくれます。


特に初めて動画制作を外部に作ってもらう場合、何をどうすればよいのかわからないかもしれません。


その場合でも、採用動画の制作実績が豊富な制作会社や動画クリエイターであれば、きちんとヒアリングを行い、理想的な動画の内容について提案してくれるでしょう。





料金が明確だと依頼しやすく、初めての方でも安心できるでしょう。


ただ、具体的な費用は制作会社や動画クリエイターによって異なっているため、複数のところに見積もって比較するのがおすすめです。


いくつかの会社に見積もりしてもらうことで、どこが安く制作してくれるのか把握できるでしょう。





動画制作を依頼する際には、担当者との相性も重要です。


担当者との相性が良いと、気軽に相談しやすい上に、スムーズに制作業務を進行してもらいやすくなります。




採用動画は公開すれば終わりではないため、その後の戦略まで考えてくれるかどうかも制作会社や動画クリエイターを選ぶ上で重要になります。


制作会社によっては、KPIや目標を数値で明確に設定してくれるところもあります。


また、納品後の修正対応や改善対応などのアフターサポートも確認しておきたいポイントです。







採用動画は多くの企業が取り組む一方で失敗しやすく、就活生が求めているものを伝えていなかったり、印象に残りにくかったりなどの理由であまり効果が得られないリスクもあります。


ただ、失敗しやすいからという理由で作らないのは非常にもったいないことです。


きちんとターゲットを明確にしたり、最終的なゴールを設定したりなどを意識して取り組むことで、効果的な採用動画を作れます。


また、外部に任せる際はただ作ってくれるところではなく、戦略まで考えてくれるかどうかも重要になるため、もし採用動画を作るのであれば、そのような会社に依頼すると良いでしょう。






■ LUVASの動画制作サービス




■ どんなことでもご相談ください!



どんな映像を作ったら良いか?動画を作ってみたい!といった段階から様々なアプローチでご提案を致します。 まずはお問い合わせフォームからご連絡ください


Bình luận


Bình luận đã bị tắt.
bottom of page