top of page

マニュアル動画の制作ならグラフィックアニメーションがおすすめ!



現在ではさまざまな企業やマニュアルを動画化させていますが、どのような動画にすればよいのか悩んでいる方もいるでしょう。


もしそうであるならば、グラフィックアニメーションを用いてみてはいかがでしょうか。


この記事では、マニュアルをグラフィックアニメーションで動画化するメリットや作る際のポイントなどを紹介しています。


気になる方は、ぜひ最後まで読んでみてください。



 

目次

マニュアルにおいて企業が抱える課題

  • 活用できるマニュアルを作るのは非常に難しい

  • 今はマニュアルも動画化の時代

マニュアルをグラフィックアニメーション化するメリット

  • メリット 1:時間や場所を気にせずに確認できる

  • メリット 2:動画を見ながら作業できる

  • メリット 3:既存の資料を流用しやすい

  • メリット 4:かさばらない

  • メリット 5:専門的なこともわかりやすく伝えられる

  • メリット 6:日本語が苦手な方にも伝えやすくなる

マニュアル動画の主な種類

  • サービス紹介・製品マニュアル動画

  • 作業手順・操作マニュアル動画

  • 教育マニュアル動画

マニュアル動画をグラフィックアニメーションで作る際のポイント

  • シンプルに作る

  • 項目ごとに1分ほどでまとめる

  • ナレーションにもこだわる

  • 動画タイトルも意識して考える

マニュアル動画をグラフィックアニメーションで!制作するならプロに任せよう!

  • グラフィックアニメーションが得意な会社

  • 専門でサービス展開している会社

  • 実績が豊富な会社


グラフィックアニメーションでわかりやすいマニュアル動画を作ろう!







そもそも、マニュアルが動画化されるようになった理由として考えられるのが、従来のマニュアルが抱えていた課題の解消です。


いきなり動画化のメリットを紹介するのではなく、まずはこれまでのマニュアルが抱えていた課題がどのようなものなのか、データを踏まえつつ紹介します。




マニュアル自体はさまざまな企業で作られていますが、実際に作るのは非常に難しいことです。


事実、株式会社CTがマニュアルの作成・整備を担当している人100名に対して行ったアンケートによると、十分に活用されていないと感じた経験のある人が全体の約9割もいました。



その上、同データでは、マニュアル制作の課題点として約半数が文字や言葉だけのマニュアルでは十分に伝えきれないと考えていることも紹介されています。



そのことから、今後マニュアルを作るのであれば、紙ではなく動画で作ったほうが活用しやすくなるでしょう。


事実、トランスコスモス株式会社では、あるロジスティクス倉庫で実験的に動画マニュアルを導入してみた結果、導入後のアンケートにおいて紙のマニュアルよりも動画のほうが見やすかったと答えた人が全体の7割ほどもいました。



また、同データによると動画マニュアルはあったほうが良いと考えている人は約8割もいました。



マニュアルを作る人だけではなく、マニュアルを使う人にとっても動画化の恩恵を受けられることが把握できるでしょう。





マニュアルをグラフィックアニメーション化することで得られるメリットとしては、以下のことが挙げられるのが。

  • 時間や場所を気にせずに確認できる

  • 動画を見ながら作業できる

  • 既存の資料を流用しやすい

  • かさばらない

  • 専門的なこともわかりやすく伝えられる

  • 日本語が苦手な方にも伝えやすくなる

それぞれどのようなメリットなのか、1つずつ見ていきましょう。




動画は時間や場所を気にせず確認できるため、作業先や通勤途中でサッと確認できます。


特にグラフィックアニメーションの場合は、細かいこともわかりやすく伝えられるため、動画だけでも具体的な操作手順や注意点などを伝えられます。


特に教育マニュアル動画の場合、場所や時間を気にせず視聴できるからこそ、オンライン研修を開催したいときにも役立つでしょう。



動画の動きを真似しながら作業できるため、技術やスキルが習得しやすくなります。


特に操作手順や作業方法に関するマニュアル動画の場合、テキストだけでは具体的にどのようなことをすればよいのかイメージしにくいかもしれません。


しかし、動画で説明することでイメージしやすくなり、正しく操作できるようになります。



グラフィックアニメーションならではのメリットとして、既存のパワポや紙資料を動画にするときに役立つことが挙げられます。


特にインフォグラフィックアニメーションは非常に相性が良く、多くの情報や細かい説明を短い時間で説明できるため、おすすめです。


また、元々使っていたマニュアルや資料を活用できることから、ゼロから作るよりも短時間で質の高いマニュアル動画を作りやすくなります。



紙のマニュアルだとかさばってしまう上に、わざわざ持ち歩くとなれば荷物になってしまいます。


また、持ち歩くとなれば現場に持ってくるのを忘れてしまったり、通勤途中で落としてしまったりする恐れもあります。


しかし、動画の場合はそのようなことがありません。


基本的にはPC内やクラウド内で保存することになるため、紙のマニュアルよりも管理が楽になります。



グラフィックアニメーションでは抽象的や専門的なことを、アニメーションを使ってわかりやすく表現できます。


そのため、難しいことでも伝えやすくなります。


特に教育マニュアルの場合、新しいことを教えるため、抽象的や専門的なことをテキストで伝えても、あまり理解してもらえないかもしれません。


グラフィックアニメーションを使えば、難しいこともアニメーションで表現できるため、どのようなことなのか把握してもらいやすくなるでしょう。



動画マニュアルであれば動作を視覚的に伝えることができるため、外国人スタッフも理解しやすくなります。


外国人にとって日本語の習得は非常に難しく、仕事をしながら勉強している方もいるでしょう。


もし日本語がまだ上手くない外国人スタッフに対して、日本語主体のマニュアルを渡しても読めずに苦労するかもしれません。


しかし、グラフィックアニメーションでマニュアル動画を作ることで、動作を視覚的に伝えられます。


また、英語や中国語などスタッフの母国語に応じた字幕を加えれば、なおさら理解してもらいやすくなるでしょう。





マニュアル動画と一口に言っても、以下のような種類があります。

  • サービス紹介・製品マニュアル動画

  • 作業手順・操作マニュアル動画

  • 教育マニュアル動画

事例動画を踏まえつつ、種類ごとのポイントについても紹介します。


参照:Kaizen Platform


サービス紹介・製品マニュアルの場合、実際の商品やサービスを用いつつ紹介するのがポイントです。

実物を使うことで、どのようなものなのか把握してもらいやすくなります。

例として上記の動画では、実際に操作しながら使い方を紹介しており、視聴者は真似しながら操作方法を覚えられます。


参照:株式会社ナカオ


作業手順・操作に関するマニュアル動画は、実際に作業・操作をしつつ、注意点や確認すべきポイントを強調して伝えるようにしましょう。

例えば株式会社ナカオの足場取り扱い動画では、重要な部分に対して赤い丸でわかりやすくしたり、ズームにして細かいところまでわかりやすくしたりなどの編集をしています


参照:DLE Channel


教育や研修マニュアルの場合、ただ理解してもらうだけではなく、共感も踏まえて作ると覚えてもらいやすくなります。

例として上記の動画では、アニメーションでビジネスに関することを紹介していますが、たとえ話やボケなどを交えて紹介しているおかげで、わかりやすいものとなっています。





マニュアル動画のグラフィックアニメーション化は、基本的に外部に任せたほうがおすすめです。


それでも作り方を覚えておけば、具体的にどのような動画を用意すればよいのかイメージしやすくなり

ます。



マニュアル動画において、最も重要なのがわかりやすさです。


インパクトといったものは求められていないため、できる限りシンプルに作るようにしましょう。


例えば、伝えたいことを1つの動画につめこまないことが挙げられます。


1つの動画でさまざまなことを伝えようとしても、視聴者としては結局何を伝えたい動画だったのか把握してもらえません。


外部に任せる場合は、一番伝えたいことを1つに絞って、そのことを制作会社や動画クリエイターに伝えましょう。



項目ごとに短い動画を作ることで、必要な部分だけをサッと確認できます。


反対に長いマニュアル動画を作っても、誰も最後まで見てもらえないでしょう。


特に研修でマニュアル動画を使う際、尺が長いと集中力が途中で切れてしまうかもしれません。


最後まで見てもらうためにも、1分ほどの短い尺の動画を作るようにしましょう。



わかりやすさを意識する際には、ナレーションも大切になります。


そのため、ナレーションを挿入する際は、声の聞き取りやすさや滑舌などを意識しましょう。


場合によっては、声優に依頼するのも良いかもしれません。



見る前から何の動画なのかわかるようにするためにも、何のマニュアルなのかわかるタイトルにしましょう。


「動画マニュアル1」や「動画マニュアル2」というような名前だと、何の動画なのかわからず、知りたい情報をすぐに見つけ出せません。


反対に「管理画面の操作方法」や「新入社員向け教育マニュアル」のようなタイトルがあると、知りたい情報がどの動画で紹介されているのか見つけられます。


タイトルに関しては制作会社や動画クリエイターではなく、依頼した会社側が決められるため、納品後にどのようなタイトルで管理するか考えてみましょう。





別の項目で触れたように、自分でグラフィックアニメーションを作るのは非常に難しいため、外部に任せたほうがおすすめです。


ただ、どの会社に任せればよいのか悩むかもしれません。


もしそうであるならば、以下の特徴を持つ会社に任せると良いでしょう。



制作会社の中には、インタビュー動画が得意なところや3D映像が得意なところがあります。


そのため、もし制作会社に依頼するのであれば、グラフィックアニメーションが得意な制作会社を探して依頼するのがおすすめです。


得意な会社に依頼することで、質の高いマニュアル動画を作ってもらいやすくなるだけではなく、魅力的なものにするためのアイデアを提案してもらえます。



制作会社の中には、グラフィックアニメーションを専門的にサービス展開しているところもあります。


専門的なところへの依頼も、グラフィックアニメーションが得意な会社と同じく、質の高い作品を作ってもらいやすくなります。


また、専門的に扱っているからこそ、動画内容や構成に関するアドバイスもしてくれるでしょう。



実績が豊富なところだと、これまでの経験や知識を踏まえてマニュアル動画を作ってくれます。


特に大きな実績がある制作会社の場合、質の高いグラフィックアニメーションを作ってもらいやすくなります。


基本的にどの制作会社でも過去の作品を公式サイトで紹介しているため、依頼前に確認してみましょう。





今回は、マニュアルをグラフィックアニメーションで動画化するメリットや作る際のポイントなどを紹介しました。


マニュアル動画自体は、従来のマニュアルが抱えていた課題を解消できることから多くの企業で取り入れられ始めており、特にグラフィックアニメーションは既存の資料を流用しやすいといったメリットがあっておすすめです。


ただ、グラフィックアニメーションを自分で作るのは難しいため、専門サービスを設けている制作会社や実績が豊富な会社に依頼するようにしましょう。


例として弊社は100社以上の制作実績があり、格安価格でグラフィックアニメーションを制作しています。


詳しく知りたい方は、以下のURL先をチェックしてみてください。






■ どんなことでもご相談ください!


どんな映像を作ったら良いか?動画を作ってみたい!といった段階から様々なアプローチでご提案を致します。 まずはお問い合わせフォームからご連絡ください



Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page