WEB_BG_01.jpg

動画コンテンツの重要性

Introduction

人々の65%は学習を視覚から行い、脳に伝達される情報の90%は視覚からのものです。

 

分子生物学者のジョン・メディナ(John Medina)によると、 視覚情報は脳の資源の半分を占める最も重要な情報です。視覚情報はテキストよりも60,000倍の速さで処理されます。

これらの理由から、ソーシャルメディア上では視覚的コンテンツが大幅に増加しました。

 

そして、写真や画像よりも記憶される可能性が高い動画コンテンツに人々の注目が集まっています。現在、Facebookでは毎日40億以上のビデオストリームが投稿されています。

 

動画を広告やマーケティングで活用したくなる統計情報をまとめました。

リンク先ページに動画を含めると、コンバージョンを80%増やすことができます

動画を視聴した後、ユーザーの64%がオンラインで製品を購入する可能性が高くなります

ビデオの視聴がすべてのインターネット利用時間の1/3を占めています。

企業の役員・管理職員の50%がビデオで製品やサービスを見た後にWEBで検索を行います

YouTubeによると、YouTubeユーザーは、月間30億時間以上の動画を視聴しています

広告やコンテンツマーケティング、サービス紹介をする上で動画コンテンツの導入は必須といえるでしょう。

WEB_背景_01.jpg

メディア・広告で動画を活用するポイント

ソーシャルメディア・広告に動画を導入する際に効果を高めるチェックポイントを紹介します。

ポイント 1

動画の尺を短くする

SNS上にアップロードする動画は短いほど高いパフォーマンスを発揮することがわかっています。

特にFacebookの場合、動画の再生時間はYouTube よりも10倍近く短いなる傾向があるようです。

短い秒数でどれだけ視聴者の興味が引けるか、魅力を伝えることができるかが成功のカギとなりそうです。

ポイント 2

自動再生を意識する

ニュースフィードの動画は自動的に再生されます。

ビデオ制作の際には、最初のフレームでどれだけ注目を集める事ができるかが重要になります。また、ニュースフィードの動画は音声が再生されません。音なしで注意を引く事ができる工夫をすると良いでしょう。

ポイント 3

シェアされる動画構成

ソーシャルメディア向けのビデオを制作する際には、シェアされるような構成作りを意識することも大切です。 あなたのビデオを多くの人にシェアされるようにするには、 視聴者へのアピールが必要です。ユーザーは他の人から見てよく見えるものを共有しています。 ユーザーがシェアをするメリットを動画に組み込むのも1つの手です。

動画がインターネットを支配する時代

世界中のすべての消費者のインターネットトラフィック(インターネットを通じて送受信される情報)は80%が動画になると言われています。

ビデオがインターネットを支配しているといっても過言ではありません。

これからの時代、マーケティングを行う上でどんなアクションを起こす際にも映像が必須となります。

cf42f660ac85f33311488657aa5e43c4.png

Luvasは様々な視点からお客様に最適な動画の形を提案致します。

まずはお気軽にお問い合わせください。