top of page

動画を大量制作するコツとは?メリットや注意点も紹介!



自社のメディアを持つ上でコンテンツの数は重要であり、充実しているほどファンの獲得や知名度の向上などにつながります。


ただ、実際に動画を大量制作してもらう際にはいくつかのコツがあるため、あらかじめ覚えておくのがおすすめです。


この記事では、大量制作のメリットも踏まえつつ、実際にしてもらう上でのコツや注意すべきことなどを紹介します。


最後まで読むことで、質の高い動画を数多く作ってもらいやすくなるでしょう。


 

目次

そもそも動画を大量制作するメリットとは?

動画を大量制作することがある動画ジャンル

動画を大量制作してもらう際のコツ

動画を大量制作する上で注意すべきこと

大量制作してくれる会社を選ぶ際のチェックポイント 動画の大量生産はコツや注意点を踏まえた上で取り組もう

動画を大量に作るメリットとしては、以下の5つが挙げられます。

  • 効率よく動画を作れるようになる

  • 短期間でコンテンツを充実化できる

  • 多方面に展開できる

それぞれどのようなものなのか、1つずつ紹介します。



動画を大量に作る場合、イラストやアニメーションを使い回せます。


特にシリーズ作品の場合は主人公や背景などを使い回しやすいため、量が多いほど効率よく作れるようになります。


冒頭で述べたように、メディアを立ち上げる際にはコンテンツの量が重要になります。


もしコンテンツが不足していると、まだ未熟なメディアと思われてしまい、ファンの獲得につながりません。


一方でメディアを立ち上げた当初からコンテンツが充実していれば、さまざまな動画を視聴できるようになり、ファンになってもらいやすいでしょう。



現在、SNSやWebサイト、動画共有サイトなど動画の配信先はさまざまあります。


大量制作すれば、その分だけ幅広く展開できるため、多くの人に見てもらいやすくなるでしょう。


見てもらえる人の数が多いほど、新規顧客の獲得につながりやすくなります。







動画を大量に作るジャンルは限られており、以下の3つが挙げられます。

  • 教育

  • 商品・サービスのPR

  • 企業が運営するSNS

各ジャンルで特徴があるため、それぞれ読んでどのような特徴があるのか把握してみましょう。



教育現場では、上記のような学年や学科などでシリーズ化されている動画が数多くあります。


シリーズ作品の場合は、いくつもの動画が必要になるため、大量に作る必要があります。


なお、教育関係の動画を作ってもらいたい方は以下の記事もぜひ参考にしてみてください。






紹介やサービスのPRでは、同じキャラクターや雰囲気の動画を多く作ることで関連性が生まれます。


そのことから、大量に作ることで知名度の向上やファンの獲得につながるでしょう。


この際、まとめて全て公開するのではなく、1つずつ時間を空けて公開することで、視聴者の期待度を維持しつつ、飽きられてしまうことを防げます。



動画はSNSでも活用でき、実際にTwitterやInstagramなどでは動画広告が多数用いられています。


ただ、SNSで情報発信する際には多くの情報を投稿しなければならないため、その分の動画が必要になります。


また、SNS向けの動画はサイズも重要になるため、そのことを踏まえた上で作るようにしましょう。





冒頭で述べたように、動画の大量制作はなんとなくでできるものではありません。


コツを踏まえて作ることで、質の高い物を作りやすくなります。


簡単にまとめると以下の2つです。


  • 動画の目的やターゲットを明確にしておく

  • アニメーションで動画を作る

もしこれから作るのであれば、コツを踏まえて取り組みましょう。




動画の目的やターゲットを明確にしておかないと、メッセージがあやふやな動画になってしまいます。



例えば「新商品を購入してもらいたい」という目的なら、そこから逆算する形で内容を決められるでしょう。


目的やターゲットは外部に依頼する際の重要な情報となるため、制作会社に任せる場合も明確にしておくのがおすすめです。



アニメーションは実写動画と比べて使い回せるものが多いため、短期間で大量の動画を作ってもらいやすくなります。


なお、現在ではアニメーションを簡単に作れるツールも登場していますが、質の高さを重視する上では制作会社に任せるのがおすすめです。




動画を大量に作ってもらう際には、以下の2つに注意しましょう。

  • 配信先のことを考えて取り組む

  • 質のことも考えておく

2つとも重要なポイントであるため、必ずチェックしておきましょう。


動画を大量に作る際は、配信先のことを踏まえて取り組むことが大切です。


理由として、配信先によって動画のサイズや容量などが限られているためです。


例えばTikTok広告の場合、以下のサイズが用意されています。


  • 16:9

  • 1:1

  • 9:16


また、TikTokの場合は若者がメインユーザーであるため、年齢層のことも考えて配信する動画の内容や伝えたいメッセージを決める必要があります。



動画を作る際には量だけではなく、質のことも考えなくてはなりません。


質の悪い動画だらけのメディアだと、商品や会社のイメージが落ちてしまう恐れがあります。


特に初心者が作った動画は技術的な問題から質が低い傾向であるため、企業として動画を大量制作してもらうのであれば、制作会社や動画クリエイターなどに依頼しましょう。





大量制作してくれる会社はいくつもあるため、迷ってしまうかもしれません。


もし初めて外部に依頼するのであれば、以下のポイントを踏まえて取り組みましょう。


  • 実績

  • 専門性

  • 料金

  • サービス

  • 担当者との相性

こちらに関しても、1つずつ紹介します。

数多くの動画を作った実績や自分が作りたいジャンルの動画を作った実績などがあると、理想的な動画を作ってもらいやすくなります。


基本的にどの制作会社でも実績を公開しているため、気になる会社があるなら、公式サイトにアクセスしてみると良いでしょう。



制作会社によっては、教育専門やSNS専門などの専門性を持っている制作会社もあります。


そのため、もし作りたい動画のジャンルが決まっているのであれば、専門性も見ておきましょう。


専門性に関しては、どのようなところと取引しているのかチェックすることでも把握できます。


例えば学校や教育関係の団体などと多く取引している場合は、教育関係の動画に強い制作会社といえるでしょう。

制作会社の料金はバラバラであり、リーズナブルなところもあれば高額なところもあります。


安い=質が悪いとは限らないため、必ず複数社見積もってもらいつつ、実績や専門性などもチェックして考えましょう。


制作会社によっては、料金プランを複数設けているところもあり、自社に合ったプランがどれなのか選べるようになっています。



制作会社によっては、アフターフォローやキャンペーンなどのサービスを用意しているところもあります。


通常よりもお得に作ってもらえる可能性もあるため、その部分もチェックしてみると良いでしょう。


もし問い合わせするのであれば、担当者との相性も意識してみましょう。


担当者との相性が良いと、気になることも質問しやすくなります。


特に初めて任せる場合は、制作期間や制作の流れなど、さまざまなことが気になるでしょう。


気軽に質問できそうな担当者なら不安も解消できるため、その部分も踏まえた上で探すことをおすすめします。


今回は、動画を大量に作る際のメリットや注意点、コツなどを紹介しました。


動画の大量制作は、効率よく作れたりコンテンツをすぐに充実化できたりなどのメリットがあります。


ただし、注意すべきポイントもあるため、その部分も踏まえた上で取り組むようにしましょう。


なお、弊社ではアニメーションの大量制作に対応しており、これまで数多くの動画を作ってきた実績を持っています。


詳しくは以下のリンク先をチェックしてみてください。





■ LUVASの動画制作サービス




■ どんなことでもご相談ください!



どんな映像を作ったら良いか?動画を作ってみたい!といった段階から様々なアプローチでご提案を致します。 まずはお問い合わせフォームからご連絡ください


Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page