株主総会

株主総会

活用方法と事例・メリットをご紹介

株主総会では、株主に対し会社のビジョンや事業計画を伝え信頼度を高めるための貴重な機会です。

最近では、動画を活用して株主に対してメッセージを発信することも出来ます。動画を効果的に活用することで、株主の信頼度を高める継続的な資金調達の獲得が期待できるでしょう。

株主総会

掲載場所・活用場面

株主総会の冒頭映像としてプロモーションビデオを紹介

株主総会の冒頭映像としてプロモーションビデオを紹介

株主総会の冒頭動画を制作し、出席者に対して簡単なプロモーションビデオを作成し、企業のメッセージを株主に伝えます。動画を通して実績を紹介するだけでなく、企業が株主に対し、企業が将来的にどのようなビジョンを持っているのか伝えることが可能です。

難しい情報を動画で分かりやすくまとめて紹介

難しい情報を動画で分かりやすくまとめて紹介

紙資料で伝えることが難しいデータや情報を、動画にまとめて噛み砕いて説明をします。話し手が長々と説明する時間を省くだけでなく、端的に伝えたいポイントをまとめて伝えることが可能になります。

株主総会の様子を撮影し欠席者に配信

株主総会の様子を撮影し欠席者に配信

株主総会の様子を撮影した映像を欠席者に対して発信します。議事録から伝えることが出来ない情報について、どのように株主総会が進行していたのかを分かりやすく紹介出来ます。映像を通して出席者だけでなく欠席者に対しても情報共有をおこなうことが可能です。

株主総会

動画を活用にするメリット

難しい説明を分かりやすく解説できる

企業のメッセージ・熱量を発信

株主の理解促進

株主総会

LUVASがおすすめする動画表現

アニメーションを使い難しい情報を分かりやすく解説

アニメーションを使い難しい情報を分かりやすく解説

株主総会では、株主に対して難しい情報をわかりやすく伝える必要があります。アニメーションでデータを視覚化することで、株主に対して正しい情報を分かりやすく伝えることが可能になります。

アニメーションで視覚化するデータを限定することで、短時間の動画でわかりやすく伝えることが可能になります。

役員によるメッセージ動画

役員によるメッセージ動画

株主出席者に対して冒頭映像で会社の事業内容がわかる動画を配信します。事業内容を伝える動画は企業の情報を分かりやすく伝える役割だけでありません。社会事業への取り組みや、役員のメッセージを紹介することで、ブランディング動画としても効果が期待できます。

インフォグラフィックを使い企業ブランドを伝える

インフォグラフィックを使い企業ブランドを伝える

会社のビジョンや思いを伝えるために、インフォグラフィックを活用し分かりやすく端的に伝えます。円グラフや棒グラフなど、視覚的にイメージしやすいグラフを意識しながら企業の成果をわかりやすく報告しましょう。

当日の株主総会映像をダイジェスト映像としてまとめる

当日の株主総会映像をダイジェスト映像としてまとめる

動画を繰り返し視聴してもらうことで株主への理解度を高めることが出来ます。欠席した株主にダイジェスト映像を送り、株主に伝えたい情報をわかりやすくまとめることが可能です。

ダイジェスト動画と合わせて株主総会の映像を共有すれば、欠席者にも欠席者と同様に情報を共有することが可能になります。

当日使用したスライドショーを動画に反映する

当日使用したスライドショーを動画に反映する

株主総会の映像をよりわかりやすく紹介するために、当日使用したスライドショーを登壇者の説明と連動させて表示します。

動画に紙資料映像を反映することで、映像を通して株主総会で何がおこなわれているのか視覚的に情報を伝えることが可能です。