建物・施設案内

建物・施設案内

動画の活用方法と事例・メリットをご紹介

ショッピングモールや遊園地で建物・施設を紹介する動画を制作すると、利用者のユーザービリティを向上させることが期待できます。
ユーザーの満足度を高めるための動画制作について解説します。

建物・施設案内

動画の掲載場所・活用場面

ホームページに施設までの道のりを紹介

ホームページに施設までの道のりを紹介

ホームページに施設までの行き方を紹介し、どのようなルートで建物にたどりつけるのかを分かりやすく解説します。

車、徒歩、自転車など、さまざまな交通手段を想定して映像を制作することで、来場者をスムーズに誘導することが可能になります。

インフォメーションセンターに案内パネルを設置

インフォメーションセンターに案内パネルを設置

インフォメーションセンターに、タブレットを設置しユーザーが施設の情報を調べられるように動画を制作します。

遊園地では施設入口に設置することで、初めて訪れた来園者に対して、各エリアの情報を視覚的に伝えることが可能です。

デジタルサイネージに広告映像として掲載

デジタルサイネージに広告映像として掲載

アミューズメント施設を紹介する映像は、デジタルサイネージの広告映像として活用が出来ます。建物の外観、内観、周辺施設をストーリー形式でテンポ良く紹介します。訴求力の高い映像は、広告映像として二次利用も期待出来ます。

建物・施設案内

動画を活用するメリット

臨場感のある映像を伝えることが出来る

魅力的な新施設を紹介しブランド価値を高める

リピーター客に対して高い訴求ができる

建物・施設案内

LUVASがおすすめする動画表現

駅から施設までのアクセスを解説

駅から施設までのアクセスを解説

アウトレット施設までのアクセスをわかりやすく紹介するため、駅から施設までの道のりを紹介します。施設までの導線だけではなく、施設内の案内動画としての活用も期待できます。1分〜2分程度の映像にまとめられるよう、早送りを織り混ぜながら施設の導線を紹介しましょう。

ドローンを活用し施設を紹介する

ドローンを活用し施設を紹介する

ドローン映像を活用した空中映像を活用し、施設や遊園地の様子を紹介します。

ドローンを活用することで、施設の広さを視覚的に紹介することが可能です。普段見ることが出来ない映像を紹介し、ユーザーに新たな発見をしてもらうことが可能です。新しくオープンする施設であれば、ドローン映像を通してどのような施設なのかをアピールできます。

CGアニメーションを活用し注意喚起をおこなう

CGアニメーションを活用し注意喚起をおこなう

施設を安全に利用してもらうため、CGアニメーションを活用して注意喚起をおこないます。
施設での禁止事項や、施設案内の説明、非常時にはどのような対応をとるべきかなど、施設に合わせた情報を発信します。

見学ツアー動画

見学ツアー動画

ヘビーユーザーファンに向けけた映像であれば、園内の裏側や閉園後などの様子を紹介したバックヤードツアー動画がおすすめです。

普段では確認出来ない情報を発信するだけでなく、安全面への取り組みやスタッフが楽しく働いている様子を紹介することで、パークのブランディングを高めることが可能です。

バックヤードツアーはファンに向けた動画だけでなく、スタッフとして働こうと検討しているユーザーに向けてアピールすることもできます。

BGMとナレーションを駆使したPV映像

BGMとナレーションを駆使したPV映像

建物や施設をテンポ良いカットとBGMを繋ぎ合わせPV映像を制作します。PV映像では、施設の外観を紹介するだけでなく、現場で働くスタッフの表情やお客さんの表情を取り上げ、施設のブランディングをおこないましょう。

PV映像を制作する際には、ターゲットを明確にしましょう。来園者、スタッフ希望者とターゲットを明確にすることで、案内動画のコンセプトが変わり、最適なWEB広告として発信が可能です。