AR動画

AR動画

動画の活用方法と事例・メリットをご紹介

現実世界の空間にバーチャル映像を映し出す「AR技術」を動画でも活用するシーンが増えています。

AR動画を活用することで、没入感のある体験映像を表現し、商品やサービスの魅力をより具体的に発信出来るようになります。

AR動画

動画の掲載場所・活用場面

商品やサービスにQRコードを貼り付け説明をする

商品やサービスにQRコードを貼り付け説明をする

商品やサービスについて興味を持ったユーザーに対して、AR動画を通して詳細な説明をおこないます。
QRコードを読み取ったユーザーに限定し、有益な情報を発信し商品購入の手助けとして活用が期待できます。

展示会・イベント会場において非日常的な疑似体験の場を提供

展示会・イベント会場において非日常的な疑似体験の場を提供

展示会やイベント会場でAR動画を活用すれば、限られたスペースの中でもユーザーに非日常的な空間を体験してもらうことが出来ます。

観光、モデルルーム、災害など、その場で体験することが難しいものでもAR動画を活用すれば、訴求力の高いアピールが可能になります。

広告とAR動画を連動しインパクトのある情報を発信

広告とAR動画を連動しインパクトのある情報を発信

広告画面にAR動画のQRコードを掲載することで、インパクトの強い映像をユーザーに提供し、商品の情報を提供します。

自動車やウエアなど広告から実物を表現することが難しいものであれば、AR動画を通して
イメージを伝えインパクトのある広告として訴えることも可能です。

AR動画

動画を活用するメリット

広告や新聞など紙媒体からWEBサイトとの連動が出来る

好感・関心度の高いユーザーに対し高い訴求を実現

非日常的な体験の提供

AR動画

LUVASがおすすめする動画表現

商品のQRを読み込むと説明動画が浮かび上がる

商品のQRを読み込むと説明動画が浮かび上がる

商品のQRコードを読み取ると、説明動画が浮かび上がり商品やサービスについて説明をします。

説明動画を通して商品の特徴や使い方、メリットを伝えることが可能になります。
同様の手法を活用し、チラシ、ホームページなどでも商品の魅力を伝え、ユーザーへのアピールに繋がります。

街の風景を撮影しリアルな災害現場として表現が可能

街の風景を撮影しリアルな災害現場として表現が可能

AR動画を通して、街の災害様子を再現し注意喚起を行うことも可能です。AR動画を通して、文章や画像だけで伝わらない情報を分かりやすく伝え、非日常的な体験したユーザーの危機意識を高めることが期待出来ます。

絵本・小説のシーンをアニメーションで再現

絵本・小説のシーンをアニメーションで再現

AR動画と連動したアニメーション動画も注目されています。絵本のページとAR動画を連動させることで、1ページ毎のシーンを絵だけで表現するだけではありません。アニメーション映像を追加することで、本の価値・注目度を高められます。

来場者特典として特別なフレームを提供

来場者特典として特別なフレームを提供

イベント会場でQRコードを読み取ったユーザー限定で特別感のある演出を行うことも可能です。

イベント会場で複数箇所に配置すれば、スタンプラリー形式のイベントをおこなうことも可能になります。

博物館のアナウンスをARカメラでかざすと新しい見え方に

博物館のアナウンスをARカメラでかざすと新しい見え方に

博物館の展示物にARカメラをかざすことで、従来の情報に加えて付加価値を提示することが可能です。

展示物にARカメラをかざすし、目の前の展示物の補足解説をおこない来館者の理解度を深めることができます。

展示物とAR動画を組み合わせれば、当時の街並みの様子や展示物当時の使われ方についてAR動画を活用して表現することも可能になります。博物館の新たな見え方をAR動画で提示し、来館者の拡大を狙いましょう。