VR動画

VR動画

動画の活用方法と事例・メリットをご紹介

エンタメ・ゲーム業界を中心に技術が発展し、コンテンツとして積極的に活用されているVR動画をご存知でしょうか。VR 動画は専用の機器を通して仮想現実を作り非日常的な体験ができる動画です。

最近ではエンタメ業界だけでなく、他の業種でも活用されている機会が増えています。今やプロモーション活動として当たり前になりつつある「VR動画」の効果的な活用法について詳しく解説します。

VR動画

動画の掲載場所・活用場面

VR映像を通してサービスの価値を説明

VR映像を通してサービスの価値を説明

不動産・ホテルなど、利用者がその場でイメージ出来ない情報について、VR映像を通して、ユーザーに体験してもらうことができます。

VR映像を活用すれば臨場感のある映像を通して、利用者が具体的なつかみサービスの購入を後押しをする資料としての活用が期待出来ます。

研修映像として活用

研修映像として活用

接客業においてトラブルが発生しやすい状況を映像で再現し、臨場感のあるリアルな現場を体験してもらうことが可能です。

研修映像を業務上遭遇する可能性の高い現場を再現することで、利用者は現場のリアルをを体感し、仕事内容をより具体的に体感することが可能です。

オンラインで観光地やリゾートを体験できる

オンラインで観光地やリゾートを体験できる

VR動画を活用して、現地の臨場感ある映像を伝えます。スキューバーダイビング、展望台からの景色など、写真とホームページではうまく伝えられない映像を、分かりやすく発信します。

イベント会場やアンテナショップなど、VR端末があればどこでも関心度の高い顧客に訴求することが期待できます。

VR動画

動画を活用するメリット

通常の動画に比べて臨場感のある映像を発信可能になる

未完成の商品・サービスをリアルに伝えることが可能

自宅にいながら商品の魅力を発見してもらうことが可能

VR動画

LUVASがおすすめする動画表現

360度動画を活用しモデルルーム見学

360度動画を活用しモデルルーム見学

マンションや注文住宅の映像をVR動画として制作することで、利用者に部屋の使用感を疑似体験してもらうことが可能です。リビング、寝室など部屋毎に動画を制作して購入の後押しをしましょう。

注文住宅だけでなく、賃貸物件の内見もVR動画を活用しておこなうことが可能になり、業務の効率化に繋がります。

プロアスリートの目線を擬似体験する場を提供

プロアスリートの目線を擬似体験する場を提供

サッカーの試合映像や、プロ野球のベンチの様子など、一般人が普段体験出来ない状況を表現し、ファンに向けたエンターテイメントとしての提供が可能です。

ライブ会場のバックヤード、お店のバックヤードなど、ファンが普段見ることが出来ない場所をVR 動画で表現すれば、「特別感のあるコンテンツ」を提供し、利用者の満足度を高めることが出来るでしょう。

観光地の映像を制作し擬似観光体験をする

観光地の映像を制作し擬似観光体験をする

有名な観光スポットの動画を制作することで、疑似観光体験ツアーを提供することができます。

ユーザーが1本の動画で特定のエリアの魅力を思う存分楽しんでもらうために、定点カメラで撮影した各スポットの映像を、2分〜3分程度にまとめて紹介してください。

職場の疑似体験動画

職場の疑似体験動画

360度動画とVR映像を組み合わせて活用することで、研修動画として利用が出来ます。
ストーリー仕立ての動画を制作し、現場での対処方法を学ぶ学習ツールとしての活用も可能です。

オンラインショッピング映像としての活用

オンラインショッピング映像としての活用

オンラインサイトで購入するのが不安なユーザーに向けて、VR動画を通して商品の具体的なイメージを掴んでもらいます。

オンラインショッピングで商品のサイズ感がつかめないユーザーに対し、VR動画で商品のサイズ感や雰囲気を伝え、購入の後押しをすることが可能になります。