フィルムスクリーン

フィルムスクリーン

動画の活用方法と事例・メリットをご紹介

透明なガラスを1つの画面に見立てて映像を表現するフィルムスクリーンは、商品・サービスのブランディング、空間演出の新たな手法として注目をされています。本記事ではフィルムスクリーンの活用方法・メリットについて解説します。

フィルムスクリーン

動画の掲載場所・活用場面

店頭に設置し商品の魅力を紹介する

店頭に設置し商品の魅力を紹介する

店頭の窓ガラスにフィルムスクリーンを設置し、映像を通行人に向けて流します。通行人に対して商品の特徴やサービスのメリットを伝えます。営業時間外にフィルムスクリーンに映像を流すことで、通行人に対しての訴求が可能です。

博物館・美術館の展示品に設置し、
非日常的な空間を演出

博物館・美術館の展示品に設置し、
非日常的な空間を演出

フィルムスクリーンの透過性を活用し、フィルムスクリーン越しに美術品や展示品に最適な映像を投影します。
来場者はフィルムスクリーンに映し出された映像を通し、文字や写真で説明ができなかった補足情報を視覚的に学ぶことが可能になります。

施設の入り口にフィルムスクリーンを設置し利用者への誘導ツールとして活用

施設の入り口にフィルムスクリーンを設置し利用者への誘導ツールとして活用

複合施設の入り口にフィルムスクリーンを設置し、案内表示動画として活用します。どのフロアにどのようなお店があるのかを分かりやすく紹介します。フロアの説明や、ブランドロゴなど文章ではなく、視覚的に理解できる案内図を制作しましょう。

フィルムスクリーン

動画を活用するメリット

インパクトのある広告を表示できる

展示会・店舗などさまざまなシーンでの利用が可能

窓をスクリーンとして活用可能

フィルムスクリーン

LUVASがおすすめする動画表現

アイキャッチ映像を使用しお店を紹介

アイキャッチ映像を使用しお店を紹介

企業や商品のアイキャッチ映像を制作し、ディスプレイに表示します。夜間のみに映像を映すことで、通行人に訴えかけることができます。
店舗だけでなく、展示会でもアイキャッチ映像を活用し、来場者に向けて訴求をおこなうことも可能です。

プロジェクションマッピング

プロジェクションマッピング

プロジェクションマッピングを活用して、展示会・店舗内の雰囲気を盛り上げます。店内に訪れた方に対し非日常的な空間を演出することができ、商品のブランディング、お店の認知度向上に繋がります。

商品ロゴ・商品画像を表示

商品ロゴ・商品画像を表示

商品ロゴを表示し通行人に対し、どのような商品を展示しているのかをアピールします。商品画像を表示するだけでなく、動きをつけることで通行人に対しインパクトのある映像で訴えることが可能です。

建物全体をスクリーンに見立て商品をアピール

建物全体をスクリーンに見立て商品をアピール

建物全体をフィルムスクリーンで覆い、建物全体で商品の魅力を紹介します。建物全体をスクリーンに見立てるので、ダイナミックな動きだけでなく遠くからも映像を視聴することが可能になります。

奥の風景と連動した映像を制作

奥の風景と連動した映像を制作

フィルムスクリーンは奥の風景がうっすらと見えるため、奥の風景と連動した映像を流し、幻想的な映像表現をおこなうことも可能です。フィルムスクリーンの背後に車を設置し、スクリーン上に道を映せば展示されている車がまるで走っているかのような映像表現をおこなうこともできます。