デジタルサイネージ

デジタルサイネージ

動画の活用方法と事例・メリットをご紹介

従来の紙媒体の広告に代わり、動画を活用したデジタルサイネージが普及をしています。公共交通機関、複合施設など従来の看板がデジタルパネルに変わり、従来にはない広告を発信できるようになりました。
本記事ではデジタルサイネージの活用方法や訴求力を高めるための映像表現について解説します。

デジタルサイネージ

動画の掲載場所・活用場面

商業ビルのデジタルサイネージ画面を活用

商業ビルのデジタルサイネージ画面を活用

商業施設に設置してある巨大パネルにデジタルサイネージの広告を出稿します。広告を通して多くの通行人に向けてプロモーション活動をおこなうことが可能です。商品の認知度やブランディングをおこなう際に有効です。

駅や電車内のデジタルサイネージを活用し商品を宣伝

駅や電車内のデジタルサイネージを活用し商品を宣伝

ターミナル駅や電車のデジタルサイネージに映像を出稿します。繰り返し動画コンテンツを再生することで、足を止めた通行人への認知度を高めることができます。イベント会場の最寄駅にデジタルサイネージを出稿すれば、来場者へのインフォメーションとして情報を発信することも可能です。

タクシーの車内で商品を紹介

タクシーの車内で商品を紹介

デジタルサイネージの中でも、タクシーの車内広告は他の広告に比べて視聴される可能性が高いと言われています。
タクシーをを利用するサラリーマン、高齢者、富裕層に合わせた動画広告を制作し、ユーザーへ商品・サービスのアピールをおこないましょう。

デジタルサイネージ

動画を活用するメリット

視認性が高い

自由な場所に設置できる

張り替えをおこなう手間を省ける

デジタルサイネージ

LUVASがおすすめする動画表現

インフォグラフィック動画を活用してサービスを紹介

インフォグラフィック動画を活用してサービスを紹介

インフォグラフィック動画を活用し、サービスや商品の特徴を解説します。最大30秒程度の動画にまとめ、短時間で分かりやすい情報を発信します。映像を繰り返し再生することで、動画を視聴したユーザーの理解度を高めることができます。

商品画像とテロップで特徴を紹介

商品画像とテロップで特徴を紹介

どのような商品なのかを分かりやすく紹介するため、商品画像と補足テロップで特徴を解説します。視聴者が途中で飽きないようにするため、写真のカットを変えながら説明を展開します。

動画の終盤では、商品のコンセプトやターゲット層に響くキャッチコピーを伝え、視聴者への認知度を高めます。

視聴者に問いかけをおこなう

視聴者に問いかけをおこなう

デジタルサイネージはインパクトのある映像が必要です。インパクトある映像を制作するために、視聴者に問いかける形で動画をスタートします。

「知っていましたか○○には△△の効果があります」など、言い切り表現を使用することで、視聴者の目に留まりやすくなります。視聴者の興味・関心を引きつけるためには、どのような情報発信が適しているのかを検討しましょう。

クイズ形式の動画

クイズ形式の動画

クイズ形式の動画を制作し、視聴者がデジタルサイネージに興味・関心を高めます。クイズ内容が面白いものであれば、視聴者が積極的に視聴するようになりブランディングに繋げることも可能です。

電車の広告や、駅の待ち合わせ場所など、視聴者がデジタルサイネージに興味を示しそうな場所での配信に心がけましょう。

アニメキャラクターの会話劇で訴求

アニメキャラクターの会話劇で訴求

ユーモアのある動画もデジタルサイネージと相性がよく、積極的に使われています。アニメキャラクターの会話劇を通して、商品やサービスを紹介し視聴者の興味・関心を惹きつける手法も効果的です。オリジナルアニメキャラを利用し、ユーモアのある会話を通して魅力を伝えましょう。