Twitter動画広告

Twitter動画広告

動画の活用方法と事例・メリットをご紹介

Twitterは、さまざまな世代が利用するSNSプラットフォームです。広報活動としてアカウントを開設する企業が増えています。
魅力的な広告であれば、広告費を抑えながら多くのユーザーに発信することも可能です。Twitter動画広告が活用される場面や、効果的な手法について解説します。

Twitter動画広告

動画の掲載場所・活用場面

ハッシュタグを活用し商品を宣伝

ハッシュタグを活用し商品を宣伝

新商品・サービスの利用者を獲得するために、オリジナルのハッシュタグを活用し、商品紹介をおこないます。

商品を紹介する動画と合わせて投稿することで、ハッシュタグに興味を持ったユーザーのTL上に動画広告を掲載することが可能です。プロモ広告と組み合わせて発信することで多くの方に視聴される可能性が高くなるでしょう。

プロモ広告を利用してタイムラインに広告を表示して宣伝をする

プロモ広告を利用してタイムラインに広告を表示して宣伝をする

タイムライン上に表示される「プロモーション」というラベルに広告を出稿します。プロモ広告は他の投稿と自然な形で表示させることができるため、いいね!・RTによるユーザーの反応を見ることが可能です。

タイムライン上だけでなく、ワード検索をしたユーザーに広告を表示できる、高い訴求が期待出来ます。

プレロール広告で関心の高いユーザーに動画を発信

プレロール広告で関心の高いユーザーに動画を発信

テレビ、新聞、スポーツリーグなど、Twitterと連携しているパートナーが投稿する動画の再生前に流れる動画広告を出稿します。

ブランドセーフな環境で訴求ができるため、広告を出稿後に停止処分を受けてしまう心配もありません。視聴者は後広告者は安心して関心のあるユーザーに情報を発信することが出来るでしょう。

Twitter動画広告

動画を活用するメリット

低予算で動画広告を制作できる

目的に合わせて広告の種類が豊富

ターゲットに合わせて動画を発信できる

Twitter動画広告

LUVASがおすすめする動画表現

商品・サービスのブランディングに繋がる15秒程度の動画を制作

商品・サービスのブランディングに繋がる15秒程度の動画を制作

プレロール広告と相性の良いブランディング動画を制作し、商品やサービスの魅力を発信します。短時間の動画で興味を惹きつけるために、冒頭5秒の構成をインパクトのあるものにして映像を制作します。

ユーザーがタップ・クリックするために、15秒程度の動画にまとめて魅力を発信してください。

視聴者プレゼントキャンペーンを織り混ぜで動画を制作

視聴者プレゼントキャンペーンを織り混ぜで動画を制作

投稿した動画広告を多くのユーザーに拡散してもらうため、プレゼント企画を絡めた動画広告を制作します。

プレゼント内容だけでなく、応募者が動画を最後まで視聴するように、文章で応募企画の概要や期間を紹介し、本編で応募方法を伝えます。視聴者が興味・関心を持つような動画構成を心がけましょう。

商品・サービスのリニューアルに伴いPV動画を制作

商品・サービスのリニューアルに伴いPV動画を制作

商品やサービスのリニューアルに伴い、PV動画を制作します。動画ではテロップをつけ、音声が再生出来ない環境でも、どのような内容なのかを把握できる動画を心がけましょう。

ライブ映像を広告で発信し視聴者の獲得を目指す

ライブ映像を広告で発信し視聴者の獲得を目指す

Twitterライブをおこなう際に、広告を掲載することで動画のタイムライン上の上位に表示することが可能です。

視聴者を動画に誘導することができるので、配信直後や配信前に告知をすることで、リアルタイムでの訴求が出来ます。

投稿文にトレンドのハッシュタグを織り混ぜて商品の概要を紹介

投稿文にトレンドのハッシュタグを織り混ぜて商品の概要を紹介

動画だけでなく、投稿文を工夫し、いいね!・シェア数を増やすことも大切です。多くのユーザーに認知してもらうために、ハッシュタグを適度に入れて投稿するようにしてください。

宣伝感を抑えるために、個人アカウントが発信しているように会話調を意識しながら投稿を心がけましょう。