Facebook動画広告

Facebook動画広告

動画の活用方法と事例・メリットをご紹介

facebookはアクティブユーザーが2600万人で、利用者層が30代後半〜40代と他のSNSに比べて年齢層も高いSNSプラットフォームです。
Facebookで動画広告を活用すれば、アカウントのフォロワー増加や商品・サービスの勧誘に繋げることが期待出来ます。Facebook動画広告では、どのような広告が有効なのかについて、本記事では解説します。

Facebook動画広告

動画の掲載場所・活用場面

ストーリーズ広告を活用し、製品サイトへの誘導

ストーリーズ広告を活用し、製品サイトへの誘導

Facebookをスマホで利用するユーザーに向けて、縦画面で最大120秒の動画広告を配信します。縦画面の動画は、横画面の動画に比べ視聴者がフルスクリーンに設定する必要はありません。

フルスクリーンで没入感のある映像を流すことで、製品のホームページへの誘導が期待できます。

コレクション広告を活用し商品の認知・購買をサポート

コレクション広告を活用し商品の認知・購買をサポート

商品と画像を表示する「コレクション広告」を活用し、自社の通販サイトへ誘導します。動画で登場した商品を、商品画像で表示することでブランディング効果もあります。

動画の視聴中に画像をタップ・クリックし商品ページへ誘導することも出来るため、視聴者に「広告感」を抑えて情報を伝えながら、自然な形で商品購買へ誘導出来るでしょう。

タイムライン上に自然な形で動画広告を表示しユーザーへ訴求

タイムライン上に自然な形で動画広告を表示しユーザーへ訴求

ユーザーが投稿するフィード画面に広告を表示させる「フィード広告」で情報を発信します。他のユーザー投稿と同様な形で動画広告が表示されるので、「広告感」を少なくして情報発信をおこなうことが可能です。

広報活動として既に運用しているアカウントでは、フォロワーの獲得に繋げることもできます。

Facebook動画広告

動画を活用するメリット

ターゲティングの精度が他のSNSに比べて高い

商品を効果的に宣伝できる

広告予算を事前に設定できるため低予算での制作が可能

Facebook動画広告

LUVASがおすすめする動画表現

インフォグラフィック動画を活用し分かりやすく解説

インフォグラフィック動画を活用し分かりやすく解説

インフォグラフィック動画を活用し、サービスの概要や利用手順を分かりやすく紹介します。文字とテキストでの説明に比べ、短時間で多くの情報発信をおこなうことが可能です。
関心度の高いユーザーをホームページへ誘導出来るように、ホームページサイトへの誘導を忘れずにおこないましょう。

スライドショー形式で商品画像をテンポよく紹介

スライドショー形式で商品画像をテンポよく紹介

スライドショー形式の動画で、商品画像をいくつか紹介し、10秒程度で商品の魅力を伝えます。

縦画面対応の動画を制作すれば、フルスクリーンで表示映像を制作することも可能です。ストーリーズ広告を制作する際には、「短時間で伝える」ことを意識しながら動画を制作しましょう。

商品の実物の大きさ・使用感を紹介するシーンを取り入れる

商品の実物の大きさ・使用感を紹介するシーンを取り入れる

ユーザーが実際に利用している様子や、諸王品のサイズ感を伝え、高い訴求をおこないます。
商品・サービス情報を詳細に伝えることで、購買意欲を促進するだけでなく、動画を通して顧客の認識のズレを解消することが期待出来ます。文章と画像で大きさを伝えることができない家具を紹介する際におすすめの手法です。

商品の利用過程を紹介

商品の利用過程を紹介

商品を利用する過程を紹介することで、商品の使い勝手や特徴を分かりやすく紹介します。汚れが落ちるまでの過程を紹介、家具の組み立て過程を紹介など、動画の目的を1つ設定し、を最後まで視聴することで、「商品の価値」が分かるコンテンツを制作しましょう。

ブランドのイメージに最適なBGMやテロップを使用

ブランドのイメージに最適なBGMやテロップを使用

ブランドのイメージに最適なBGMやテロップを活用し、商品やサービスの魅力を紹介します。配信する動画広告をどのようなユーザーが視聴するかを意識することで、ブランドの認知度が高まります。顧客に訴えかけたい情報は、テロップにして分かりやすく伝えるなど、発信方法を工夫しましょう。