TIKTOK広告

TIKTOK広告

動画の活用方法と事例・メリットをご紹介

Tik Tokは10代を中心に、多くのユーザーが会員登録をしています。最近ではユーザーの年齢層も高くなり、30代のユーザー数も増えています。ユーザー数の増加だけでなく、30代のユーザーは広告への関心度も高く商品やサービスの誘導として有効です。
本記事ではTik Tokの広告運用について解説します。

TIKTOK広告

動画の掲載場所・活用場面

新商品・サービスの認知度を向上

新商品・サービスの認知度を向上

Tik Tokでは、あらゆる広告形態で商品やサービスの認知度を高めることが可能です。認知度を向上するために最も効果的な広告が、起動画面の広告です。多くのユーザーに商品・サービスの特徴を紹介することが出来ます。

ユーザー目線の動画を広告として出稿

ユーザー目線の動画を広告として出稿

ユーザーへTik Tokアカウントへのフォロワーを獲得するために、TL上に表示される登場広告を出稿します。広告であらかじめ設定したターゲット層に広告動画が表示されやすくなり、フォロワー獲得・認知へと繋げることが可能です。

商品・サービスへの利用者数を獲得するために動画広告を出稿

商品・サービスへの利用者数を獲得するために動画広告を出稿

アプリストアでのダウンロードやサービスの登録を目的とするため、動画広告を配信します。コンテンツを視聴したユーザーが、商品やサービスに魅力を伝え、アカウントのプロフィール経由でホームページへの誘導をおこないます。

TIKTOK広告

動画を活用するメリット

商品・サービスの認知向上

低単価での広告制作が可能

視聴者の広告への抵抗感を抑え、魅力の訴求が可能

TIKTOK広告

LUVASがおすすめする動画表現

ハッシュタグチャレンジを活用した広告

ハッシュタグチャレンジを活用した広告

Tik Tok上でユーザーが動画を制作したくなるようなハッシュタグチャレンジ動画を制作します。
ハッシュタグチャレンジを視聴者が制作した動画とともに発信することで、ユーザーに好感を与え、自然な形でのシェアが期待されます。

アニメーション形式で難しい情報を分かりやすく解説

アニメーション形式で難しい情報を分かりやすく解説

1分でわかる雑学紹介コンテンツを制作し、視聴者に有益な情報を発信します。アニメーション形式でサービスの仕組みに繋がる情報を共有することで、視聴者は情報に興味関心を持ち、ホームページへと誘導することが可能です。

ビフォー・アフター動画で商品の特徴を分かりやすく解説

ビフォー・アフター動画で商品の特徴を分かりやすく解説

商品の特徴を分かりやすく紹介するために、ビフォー・アフター動画を制作します。短時間で商品の訴求をおこなうことが可能です。Tik Tokで流行している楽曲を使用することで、多くの視聴者に閲覧してもらえる可能性が高くなります。

インフルエンサーがレビュー動画を制作

インフルエンサーがレビュー動画を制作

販売しているコスメ商品の特徴を紹介するため、美容系インフルエンサーがコンテンツを制作します。実際に商品を使用している様子を紹介し、第三者目線での商品のメリットをわかりやすく解説します。

切り抜き動画を制作し魅力を短時間で紹介

切り抜き動画を制作し魅力を短時間で紹介

Tik Tokに切り抜き動画を投稿し、自社のサービスや魅力をわかりやすく紹介します。切り抜き動画を制作する際に気をつけるべきことは、YouTube動画を誘導しないことです。
動画内でYouTube等のURLを掲載すると、Tik Tokからペナルティを受ける可能性もあります。
他のSNSプラットフォームに誘導するのではなく、Tik Tok側にメリットのある動画を制作するように心がけましょう。