広告(CM)

広告(CM)

活用方法と事例・メリットをご紹介

認知度が低い商品・サービスや、ベンチャー企業では、広告動画を制作しWebやTVで放映することで、視聴者に対して商品の魅力を伝えることが可能になります。

訴求力の高い広告は、低予算でもネットで拡散することで多くの視聴者に閲覧してもらえる可能性が高まります。新規視聴者に対して魅力を発信する「広告動画」について紹介します。

広告(CM)

掲載場所・活用場面

SNSプラットフォームに広告として出稿

SNSプラットフォームに広告として出稿

各SNSプラットフォームに広告を出稿して、利用者に商品・サービスの認知度・ブランディングをおこないます。

SNSプラットフォームに合わせて、動画尺、画面構成を変化させて出稿し、商品・サービスを利用するメインターゲットに動画を発信します。

WEB用に制作した動画を公共交通機関の広告として出稿

WEB用に制作した動画を公共交通機関の広告として出稿

WEB用に制作したCMは各SNSプラットフォームだけでなく、空港・鉄道・タクシーなどの交通機関へ動画を出稿します。

公共交通機関の広告で流れる映像の多くは、無音で伝えるため既存の広告映像に加工が必要になります。映像のみで動画の内容が伝えられるよう、ナレーション部分をテロップに書き起こし構成を検討してください。

TVに出稿しマスの視聴者に商品・サービス・企業の認知度を知らせる

TVに出稿しマスの視聴者に商品・サービス・企業の認知度を知らせる

TVにCMを出稿し、多くのユーザーに商品・サービスの認知をしてもらいます。広告費を抑えるのであれば、地方局、全国に認知してもらうのであれば全国キー局へのCM出稿をおこないます。
TVCM用に制作した映像は、他の媒体でも転用が可能です。

広告(CM)

動画を活用にするメリット

多くの視聴者に商品・サービスを認知してもらうことが可能

WEB広告がバズると、低予算でテレビCMに匹敵にする宣伝効果が期待できる

認知度・好感度の向上

広告(CM)

LUVASがおすすめする動画表現

PV風の映像を制作し企業イメージを伝える

PV風の映像を制作し企業イメージを伝える

社員の働く様子や表情をまとめたPV風の映像を制作します。PVを通して企業のブランディングにつなげることが可能です。

PV映像では、スロー再生やドローン映像を活用し、冒頭5秒で視聴者の興味・関心を惹きつけるように心がけましょう。

ハッシュタグを活用したWEB広告動画

ハッシュタグを活用したWEB広告動画

SNSでのハッシュタグ投稿を意識して、WEB動画を制作します。ハッシュタグ付きの動画を投稿し、ユーザーが拡散することで動画を多くの視聴者に見てもらいます。

ハッシュタグ投稿を促すために、プレゼント企画をおこなうなど「拡散してもらえる工夫」を考えましょう。

アニメーション形式で商品の特徴を紹介

アニメーション形式で商品の特徴を紹介

アニメーション・漫画を活用して、動画や企業のサービスを紹介します。ストーリー仕立てのアニメーションを制作し、視聴者にインパクトを与えます。
テレビCMでは15秒〜30秒の尺で制作し、WEB広告であれば最大3分程度の動画で商品やサービスの魅力を伝えることが可能です。プラットフォームに合わせた尺で、視聴者に商品の魅力を伝えましょう。

ユーザーインタビュー

ユーザーインタビュー

商品やサービスを実際に利用しているユーザーへのインタビュー動画を通して商品の魅力を伝えます。

さまざまなユーザーのインタビューを広告で紹介することで、商品の魅力について客観的に発信し、商品・サービスのブランディングに繋げることも可能です。

アップテンポの映像で商品・サービスの魅力を紹介

アップテンポの映像で商品・サービスの魅力を紹介

音楽に合わせてシーンを切り替えながら、商品・サービスの特徴をアップテンポで紹介します。15秒程度の短い動画尺で、視聴者に対してターゲット層、使用感、メリットを伝えることが可能です。商品のコンセプトに合った動画を制作することが大切です。

商品のコンセプトに合う音楽、テーマカラー、動画の雰囲気に注意をしながらインパクトのある動画を制作しましょう。