商品説明

商品説明

活用方法と事例・メリットをご紹介

新商品の特徴やメリットについて、文字や写真で伝えることができなかった情報を、商品説明動画を制作することで分かりやすく紹介できるようになります。

消費者の心を動かす商品説明動画とは、どのようなものなのかについて、分かりやすく解説します。

商品説明

掲載場所・活用場面

商品紹介ページに動画を掲載

商品紹介ページに動画を掲載

商品紹介ページにデモ映像やPV映像を掲載し、商品の使用感を分かりやすく伝えます。PV動画を掲載することで、どのようなターゲットに商品を届けたいのか企業側のメッセージを反映することも可能です。
制作した映像を営業マンに共有し、営業時のプレゼン資料としての活用もできます。

陳列棚にタブレットを設置し紹介映像として紹介

陳列棚にタブレットを設置し紹介映像として紹介

陳列された商品棚にデモ映像を流すことで、買い物客に商品のメリットや特徴を分かりやすく紹介することが可能です。写真や文字に比べて短時間で商品の魅力について情報量を多く伝えることができます。

デジタルサイネージ広告に動画を出稿

デジタルサイネージ広告に動画を出稿

商品の概要を紹介する動画を、デジタルサイネージ広告に出稿します。電車、空港、イベント会場など商品の利用者の多い場所に出稿することで、商品の認知度を高めることが期待できます。

商品説明

動画を活用にするメリット

商品の魅力を短時間で分かりやすく伝えることができる

営業資料として商品動画の活用

購買意欲の促進に繋がる

商品説明

LUVASがおすすめする動画表現

インタビュー形式で商品の特徴を紹介

インタビュー形式で商品の特徴を紹介

実際に商品を利用しているユーザーにインタビューする動画では、第三者の目線から商品のメリットや使用感、導入後の変化について発信することができます。

1人1人のユーザーの感想について、テンポよく紹介する映像や、インタビュー対象者を1人に絞り、商品の使用感や感想を掘り下げる映像などさまざまです。

ユーザー目線に立ち、どのような動画を視聴すると購入意欲を促進できるのか、慎重に検討しながら動画コンテンツを制作しましょう。

スライドショー形式で商品を分かりやすく説明

スライドショー形式で商品を分かりやすく説明

商品の特徴やイメージを、商品画像、ナレーション、テロップをベースに紹介します。商品画像とナレーション原稿があれば動画を制作できるため、短時間で簡単に映像を制作することが可能です。

ホームページやデジタルサイネージ広告と相性が良いため、媒体に合わせて映像を制作しましょう。

ドラマ仕立てで商品の魅力を紹介

ドラマ仕立てで商品の魅力を紹介

ユーザーが商品を利用しているシーンをイメージできるよう、ストーリー仕立てで商品を紹介します。

洗剤であれば洗面所、キッチン用品ならキッチンと、商品に最適なシチュエーションに合わせて映像を制作し、ユーザーが映像を通して商品利用の追体験ができるように表現します。

CG・アニメーションを活用し商品効果を説明

CG・アニメーションを活用し商品効果を説明

商品を利用するとどのような効果が現れるのか、実写では伝えることが難しい情報を捕捉しながら、商品のメリットを紹介します。

CGやアニメーションを活用することで、文章では伝わりにくいメリットを分かりやすく伝えます。

他社の製品との違いを比較実験する

他社の製品との違いを比較実験する

商品の効果を検証するための実験動画を制作し、他社製品との違いをアピールします。洗剤や化粧品など、効果が実感できる商品の動画として有効です。

実験結果を検証する動画を制作する際には、誇大広告と間違われないよう注意をしながら動画を制作してください。