告知

告知

活用方法と事例・メリットをご紹介

企業が新商品キャンページやイベント情報をSNS上で発信することで、新規の集客獲得に繋げることが可能になります。

集客に繋がる告知とは、どのような場面で発信するのか、告知動画を初めて制作する方に向けて解説します。

告知

掲載場所・活用場面

SNSプラットフォームに動画を発信

SNSプラットフォームに動画を発信

商品やサービスを利用してもらうための告知映像を、事前に発信します。リリース前に動画を発信することで、利用者に対して情報を事前に把握してもらうことが可能になります。視聴者に伝えたい情報は何かを整理して告知をおこなうようにしてください。

デジタルサイネージにイベント情報を掲載し周知する

デジタルサイネージにイベント情報を掲載し周知する

15秒〜30秒程度にまとめた動画をデジタルサイネージ広告へ出稿します。ナレーション、画像を通して、商品のメリットやイベント内容を分かりやすく伝えます。デジタルサイネージ用の制作した動画をWEBCMとして出稿することも可能です。

インフルエンサーを活用したコラボ動画・番組の制作

インフルエンサーを活用したコラボ動画・番組の制作

商品の認知度やサービスを多くの方に認知してもらうために、動画を制作します。キャンペーン期間中や、イベント開始日当日などに合わせて動画を発信することで、新規顧客の獲得を目指します。
ツイート、画像、動画と段階的に告知方法を変化させることで、ユーザーの興味・関心を持続させる効果もあります。

告知

動画を活用にするメリット

商品・サービスの利用促進に繋がる

イベント来場者の新規獲得

企業の認知度UP

告知

LUVASがおすすめする動画表現

ティーザー動画を活用し商品の一部を紹介

ティーザー動画を活用し商品の一部を紹介

イベントのコンセプトや、商品・サービスの概要を伝えることで、利用者に対して情報を分かりやすく紹介します。ティーザー動画の終盤でリリース日や、イベント開始時刻を知らせることで、視聴者に対して「ワクワク感」を与えることが出来ます。

過去のイベント様子をダイジェストで紹介

過去のイベント様子をダイジェストで紹介

毎年開催されているイベントであれば、過去のイベント様子をダイジェストで紹介し、イベントの魅力を凝縮して伝えることが可能です。
イベント参加者やスタッフの表情、イベントの様子などをコンパクトにまとめて、魅力を持て余すことなく伝えるように心がけましょう。

カウントダウン形式の動画を制作しワクワク感を演出

カウントダウン形式の動画を制作しワクワク感を演出

商品・サービスのリリース日に向けて、カウントダウン動画を制作します。30日前や1週間前など事前に期間を設けて制作をしましょう。
カウントダウンが進むとともに、「社員から社長、インフルエンサー」など、視聴者がカウントダウン動画を自発的に見るようなコンテンツを目指してください。

インフルエンサーが企業の告知をおこなう

インフルエンサーが企業の告知をおこなう

インフルエンサーが企業の発信したい情報を代わりにおこなうことで、多くのユーザーに対して情報を発信することが可能です。

インフルエンサーが実際に商品・サービスを利用してもらい、使用感やメリットをユーザー目線で伝えてもらうように投稿内容のすり合わせをおこなうようにしてください。

トレンドに沿った告知

トレンドに沿った告知

SNSで流行しているトレンドワードや、動画に便乗して告知動画を制作します。TikTokやツイッターを活用することで、若年層の関心度を高めることも可能です。
商品・サービスの利用者に合わせた動画を制作しましょう。