top of page

【最新版】岩手県の動画制作事例をピックアップ!編集長イチオシ10選



こんにちは!LUVASコラムの編集長です。


今回は、岩手県の地域活性化ムービーや会社紹介動画などの

「岩手県の動画制作事例」を編集長がピックアップしご紹介!!


さまざまなジャンルの動画を集めました。映像制作時の参考や発注時のイメージ共有にお使いください!


目次


【1】キオクシア岩手~総合紹介ムービー~

【2】薬王堂2022-2023採用ブランデッドムービー

【3】岩手銀行 のんさん 「この街は」篇

【4】北洋銀行 新卒採用コンセプトムービー

【5】IGRいわて銀河鉄道|PR動画フルムービー

【6】協栄流通株式会社 物流センターの最前線イメージ動画

【7】いわて・三陸から ありがとう!~釜石・大船渡 編~

【8】【いわての企業でいきいき働こう】女性活躍認定企業

【9】いわてで輝く若手人財PR動画 41 テーオー食品株式会社

【10】【公式】岩手県遠野市・PR動画


 岩手県の自治体/企業の魅力を発信する動画イチオシ10選


【1】キオクシア岩手~総合紹介ムービー~

出典:KIOXIA-IWATE

フラッシュメモリの製造を手がけるキオクシアは、その後中盤以降は製品、事業、スタッフを1つずつ丁寧に紹介し、成長できる環境が整っていることをアピールした内容になっています。新卒・株主総会でも活用でき、企業紹介動画のお手本となるような内容です。

事業内容をわかりやすくするため、ドローン映像、CGアニメーションなどをうまく活用し、視覚的に事業内容を紹介しています。さらに、視聴者に興味・関心を引きつけるよう、オープニング映像にも力を入れ、動画全体での工夫が見られますよ!



【2】薬王堂2022-2023採用ブランデッドムービー

出典:薬王堂公式チャンネル

薬王堂の採用ムービーでは、薬王堂を知らない新卒者でも理解できるよう、企業の歴史を振り返りながら、事業内容を1つずつ丁寧に紹介した動画を制作しました。社員1人1人が真剣に仕事に向き合う様子を表現している点も印象的な動画です。

訴求力の高い動画でよく活用されるスロー映像ですが、違和感なく作ることができるかが大切です。この動画ではスロー再生をうまく活用し、社員1人1人が仕事に対し真摯に向き合っている様子が丁寧に描かれていると感じました。



【3】岩手銀行 のんさん 「この街は」篇

出典:岩手銀行

岩手銀行では、岩手県にゆかりのあるタレントのんさんを起用し、地域密着型の銀行であることをアピールしたCMを制作しています。街の人々が楽しく過ごす様子を通し、豊かな街と銀行が密接に関わっていることをアピールしています。


視聴者から投稿した動画をプロモーション動画に反映することで、地域性をアピールすることができます。視聴者の投稿動画をただ紹介のではなく、映画風に加工を施すことでスクリーンで上映している様子をうまく表現していました。




【4】北洋銀行 新卒採用コンセプトムービー

出典:北洋銀行

北洋銀行で大切にしている「お客様と向き合い、課題をどのように解決するかに向き合う」を表現するため、働く銀行員一人一人が、どのような思いで働いているのかを動画で描いています。北洋銀行で働く行員の真剣な表情が印象的な動画です。

行員の気持ちを「色」で表現し、テロップの出し方にもこだわりを見せた作品と感じました。コンセプトムービーでは、企業の伝えたいメッセージをどのように反映するか意識することが大切です。



【5】IGRいわて銀河鉄道|PR動画フルムービー

出典:IGRいわて銀河鉄道

盛岡駅から青森県境までを結ぶ岩手銀河鉄道は、地元高校生たちが、電車内で楽しく演奏する姿を通し、いわて銀河鉄道の魅力を伝えたプロモーション動画を制作しました。

車内で高校生がただ演奏するのではなく、トライアングルを吊り革にしたり、汽笛を楽器で演奏したりと遊び心満載の動画になっていると感じました。音や映像のタイミングがぴったりで、動画編集の職人芸を感じることができる作品です。




【6】協栄流通株式会社 物流センターの最前線イメージ動画

出典:協栄流通株式会社

協栄流通株式会社の物流センターで働く人々を通し、地域社会に貢献する企業であることをアピールした動画です。物流センターで働く人々の表情を通じて、企業としてのこだわりが伝わる内容です。

スローモーションを多用し、作業員が真剣に仕事に取り組んでいる様子を伝えていました。

これだけでも素晴らしい動画ですが、テロップのバリエーションがもう少し多ければ、企業としてのメッセージがさらに伝わると感じました。



【7】いわて・三陸から ありがとう!~釜石・大船渡 編~

出典:岩手県公式動画チャンネル

岩手県では、復興の様子をミニドラマ形式で紹介したPR動画を制作しました。釜石、大船渡を舞台に、地元の人々がどのように震災に対し考え、復興後今の暮らしを考えているのか、街が立ち直っていく様子を紹介しています。

地元の人々のインタビューをただ紹介するのではなく、ドラマ仕立てで紹介することで内容がより伝わると感じました。インタビュー動画は当事者の声を聞くために有効な手法ですが、見せ方を合わせて考えると、より作品の厚みをもたらすことができますよ。



【8】【いわての企業でいきいき働こう】女性活躍認定企業

出典:岩手県公式動画チャンネル

いわて女性活躍認定企業とは何かについて制作したプロモーションムービーです。認定企業で働く人々に、インタビューをおこない、岩手県が独自におこなっている企業支援の試みが理解できる内容になっています。

この動画では、取り組みがより具体的に伝わるよう、インタビュー映像だけでなく補足テロップをうまく活用して丁寧な説明をしていると感じました。セリフをただ書き起こすだけでなく、視聴者に伝えたい情報は何かを考えながらテロップを活用してください。



【9】いわてで輝く若手人財PR動画 41 テーオー食品株式会社

出典:岩手県公式動画チャンネル

岩手県が制作した企業紹介動画です。テーオー食品株式会社に入社したきっかけ、仕事内容、やりがいなどを聞きながら、企業としての魅力を紹介しています。ものづくりの企業に合うテロップを多用し、企業の情報をわかりやすく紹介しています。

インタビュー映像を通して仕事内容、ライフワークバランス、職場の雰囲気が通してうまく伝えられていると感じました。インタビュー動画では、どのような情報を視聴者に伝えるか、動画制作時にあらかじめ決めておくと視聴者に伝わる内容にできますよ!


【10】【公式】岩手県遠野市・PR動画

出典:遠野しごと展

遠野市の魅力をテンポよく紹介したプロモーションムービーです。遠野市が岩手県のどこにあり、おすすめの観光スポットは何か、伝統文化や暮らしやすさなど、遠野市の魅力を全て網羅できる内容になっています。

1分〜3分の動画で分かりやすく視聴者に伝えるために重要なことは、無駄のない構成とテンポの良い編集です。詰め込むことができる情報には限りがあるので、伝えたい情報は何かを絞りながら動画制作することをおすすめします。

岩手県の映像10選いかがでしたでしょうか?

編集長が調べる中で感じたことは、岩手県は、自分たちの魅力をどのようなアプローチで紹介すれば良いか、特徴を把握しながら魅力を発信する動画が多くあるように感じました。

10本の動画に共通することは、ターゲットとコンセプトを明確にして、動画を制作している点です。

皆さんの動画制作・映像コンテンツ施策のお手伝いになれば幸いです。


■ 岩手県の動画制作なら株式会社LUVAS



株式会社LUVAS(ルヴァス)では、元テレビ制作スタッフで構成されたプロフェッショナルチームが、お客様の思い通り以上の動画制作をお届けします。独自の動画編集システムを利用し、有名企業を始めとする様々な業種の企業様に格安で高品質な動画制作・映像制作を提供しています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!



■ LUVASの動画制作サービス




■ どんなことでもご相談ください!



どんな映像を作ったら良いか?動画を作ってみたい!といった段階から様々なアプローチでご提案を致します。 まずはお問い合わせフォームからご連絡ください


コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page