ブランディング

ブランディング

活用方法と事例・メリットをご紹介

企業が手がける特定商品のブランドやサービスを伝えるブランディング動画は、企業の認知度を向上させることが期待できます。

自社商品やサービスの特徴を発信するだけでなく、開発への思いやユーザーへのメッセージを反映した動画を制作することで、特定のユーザーに響く世界観を演出することが可能です。

ブランディング

掲載場所・活用場面

テレビCM

テレビCM

テレビCMでブランディング映像を流すことで、多くの視聴者へ商品やサービスの認知度を高めることが可能です。

テレビCM動画をWEB動画として活用し、幅広いユーザーに対し商品を訴求することも出来ます。

SNSプラットフォームへ投稿する動画広告

SNSプラットフォームへ投稿する動画広告

各SNSプラットフォームに適した動画を制作し、商品・サービスの認知度を高めることが可能です。

ターゲット層を細かく設定した動画広告を出稿すれば、ブランディング動画を特定のユーザーに響く動画として視聴されユーザーによる拡散が期待出来ます。

公共交通機関のデジタルサイネージに動画を出稿

公共交通機関のデジタルサイネージに動画を出稿

公共交通機関にブランディング動画を投稿することで、商品の認知度を高めることが可能です。
短期間の投稿では視聴者の興味を引くことが難しくても、繰り返し動画を投稿することで、多くの視聴者の興味を惹きつけ、商品の認知度を向上させることができます。

ブランディング

動画を活用にするメリット

シェアにより企業の商品・サービスの認知度が向上する

短時間で多くの情報を発信できる

B to Bの映像資料としても活用が可能

ブランディング

LUVASがおすすめする動画表現

コミカルな表現を活用した商品紹介

コミカルな表現を活用した商品紹介

商品の特徴を淡々と紹介するのではなく、コミカルな表現を用いて商品を紹介します。
刑事、探偵、ヒーローなど、視聴者が見たことのある設定を用いながら、商品を紹介することで動画を最後まで視聴してもらえます。

動画の内容が視聴者の興味を惹きつけるものであれば、多くの視聴者にシェアされ認知度を高められます。

ワンカットムービー風の映像で感動的なシーンの演出

ワンカットムービー風の映像で感動的なシーンの演出

映画やドラマで採用されるワンカットムービー風の制作し、ストーリー仕立てで商品やサービスの価値を伝えます。

ブランディング動画では、視聴者を惹きつけるインパクトのある映像を採用する事例が多くあります。話題の映画で活用された撮影手法を取り入れ、視聴者の興味を惹きつけましょう。

商品・サービスを実際に利用する様子を紹介

商品・サービスを実際に利用する様子を紹介

商品やサービスを利用するユーザーを紹介することで、どのようなユーザーに商品やサービスを利用してもらいたいのか、企業としてメッセージを発信することが可能です。

ターゲットが明確であれば、ターゲット層と近い年齢層の出演者を起用し、ブランドの世界観を演出しましょう。

スロー再生を活用しカッコよく社員紹介映像を制作

スロー再生を活用しカッコよく社員紹介映像を制作

何か作業をする様子について、スロー再生を活用して紹介することで、視聴者に対して「カッコいい」印象を視聴者に与えることが可能です。

商品やサービスを利用しているファンに向けて映像を発信することで、商品への信頼度・好感度アップにを繋げることが期待出来ます、

スタッフインタビュー

スタッフインタビュー

スタッフにインタビューをおこない、「仕事のやりがい」や「仕事の楽しさ」を伝える動画を制作します。

インタビュー様子を紹介するだけでなく、働く様子や活動様子をインタビュー最中のインサート映像として活用し、職場としての魅力を発信しましょう。