広報・IR

広報・IR

動画の活用方法と事例・メリットをご紹介

企業がIR活動を投資家や株主に対し動画を活用して報告するケースが増えています。動画を活用することで、投資家や株主に訴求力の高いメッセージの発信が可能です。

株主総会や決算説明会の冒頭でインパクトのある動画を流せば、企業の世界観に引き込みやすく、投資の後押しをすることも期待出来るでしょう。

本記事では、IR活動で企業力をアピールする動画とはどのようなものかについて、「使用場面」や「具体的な表現方法」を解説します。

広報・IR

動画の掲載場所・活用場面

イベント冒頭で動画を使用しメッセージを発信

イベント冒頭で動画を使用しメッセージを発信

株主総会や展示会などの冒頭に事業内容を紹介する動画を流します。動画を通して企業の事業内容や目標を伝え、投資家へのメッセージとして発信します。

インパクトのある映像を制作すれば、企業独自の世界観へ引き込むことが可能になり、資金調達への後押しとして繋げることも可能です。

ブランディング動画をHPに掲載

ブランディング動画をHPに掲載

株主やユーザーに知ってもらいたい「情報」を発信するためにブランディング動画を制作します。ホームページに訪れた人が動画を視聴することで、企業のイメージ・認知度の向上に繋げることが可能です。

WEB見学会にて専門分野の解説を動画で発信

WEB見学会にて専門分野の解説を動画で発信

近年オンライン上で、工場見学や施設見学を開催する企業が増えてきました。投資家達が知りたい情報について、動画を通して発信します。

企業が得意とする技術の紹介だけでなく、独自に研究する最先端技術の解説を掘り下げて解説することで、投資家達に優れた技術を持つ企業であることをアピールすることが可能です。

広報・IR

動画を活用するメリット

ストーリー仕立ててメッセージの発信が可能

文章や画像よりも短時間で多くの情報を伝えることが出来る

資金調達だけでなく企業の認知度UPにも繋がる

広報・IR

LUVASがおすすめする動画表現

ドラマ仕立ての動画

ドラマ仕立ての動画

ドラマ仕立てで企業の伝えたいメッセージを発信します。ドラマの中には現在取り組んでいる企業の事業内容だけでなく、どのような企業を目指しているのかを伝えることが可能です。

ドラマ仕立てで紹介するだけでなく、視聴者を惹きつける工夫も必要です。
有名映画や有名アニメ作品のオマージュ動画を制作することで、最後まで視聴者を惹きつける動画になります。

役員・社員インタビュー

役員・社員インタビュー

普段イベントに出席出来ない役員幹部の生の声を紹介することで、企業で働く社員の人柄を伝えることが可能です。

映像ではカッコ良さを訴える動画ではなく、動画を視聴する投資家や株主に対して誠実さが伝わるように工夫することを心がけましょう。

ユーザーインタビュー

ユーザーインタビュー

企業のサービスを実際に利用するユーザーの声を反映した動画も、IR活動の動画として親和性が高くおすすめです。

ユーザーインタビューの動画を制作する際には、「嘘くさい」「やらせ」と感じないような構成を意識しながら動画を制作してください。

アニメーション形式で難しい情報を発信

アニメーション形式で難しい情報を発信

企業が独自に研究をした結果を発表する方法としてアニメーションを活用するケースもあります。

データをイラスト化、グラフ化することで分かりやすく解説するだけでなく、テンポ良く研究結果を紹介出来ます。

株主総会冒頭での社員挨拶動画

株主総会冒頭での社員挨拶動画

株主総会や経営報告会など、企業との繋がりのあるパートナーに向けた動画では、親近感のある動画が有効です。企業で働く社員がどのような人間なのかを分かりやすく伝えることが出来ます。