ドローン

ドローン

動画の活用方法と事例・メリットをご紹介

ドローンを活用した映像は、低コストでの空撮映像が可能になり高い訴求が期待できます。観光地の紹介から、不動産物件の紹介、ミュージックビデオなどさまざまな分野の映像表現として活用されています。本記事では、ドローン映像の活用方法や定番の表現技法について解説します。

ドローン

動画の掲載場所・活用場面

動画の1シーンにドローン映像を組み込む

動画の1シーンにドローン映像を組み込む

動画の1シーンにドローン映像を取り入れます。ドローン映像を取り入れることで、印象的なシーンとして視聴者に視覚的に訴え、インパクトのある映像表現が可能になります。

冒頭シーンに取り入れることで、インパクトのある映像として視聴者のハートを掴むことができるでしょう。

ドローン活用した施設案内

ドローン活用した施設案内

地上のカメラでは表現できない映像をドローンを活用して表現します。
ドローンを高速移動させて、施設の広さや建物の大きさを視聴者に訴求することが可能です。
施設規模や建物の位置関係を把握してもらうために、ドローン映像を活用することもあります。
施設の魅力を伝える際には、ドローンを活用した空撮映像がおすすめです。

観光地の魅力をドローンを活用して紹介

観光地の魅力をドローンを活用して紹介

ドローンを活用し、観光名所や観光地の美しい自然風景を紹介します。ドローン映像をプロモーション映像のワンシーンに取り入れることで、美しい景色やダイナミックな自然の風景を通し視聴者の興味・関心を惹きつけることが可能です。

観光地を空から撮影した映像を撮ることで、観光地の位置関係を客観的に紹介することもできます。

ドローン

動画を活用するメリット

非日常的な映像を撮影可能に

使用用途が豊富

低コストで空撮映像の撮影が可能

ドローン

LUVASがおすすめする動画表現

ミュージックビデオにドローン映像を使用

ミュージックビデオにドローン映像を使用

ミュージックビデオにドローン映像を取り入れ、インパクトのあるシーンを取り入れます。ドローン映像を活用することで、空撮映像のようなシーンの再現が可能になり、導入部から視聴者の心を掴む映像を撮ることが可能です。

花火を至近距離で撮影

花火を至近距離で撮影

ドローンを活用することで、花火の同じ目線での映像を撮影することが可能になります。ヘリコプターでは近づけない場所でも撮影も、ドローンであれば撮影が可能となり、臨場感のある映像撮影をおこなうことが期待できます。

ドローン映像を通して工事現場の現状を報告

ドローン映像を通して工事現場の現状を報告

危険な工事現場で、ドローンを活用して現場の状況を確認します。ドローン映像を通して、どのような対策が必要なのか、遠隔地から指示をすることも可能です。
万が一の事態が発生しても、作業員を命の危険に晒す可能性は低くなります。

不動産物件の空撮映像

不動産物件の空撮映像

住宅密集地でドローンを活用し、物件がどのような位置関係で建っているのかを分かりやすく紹介することが可能です。

高層マンションから見える景色・駅との位置関係や周辺環境についてもドローンの映像を通して伝えることができるため、営業資料として活用が期待できるでしょう。

マイクロドローンを活用し建物内を散策

マイクロドローンを活用し建物内を散策

手のひらサイズに収まるマイクロドローンを活用し、建物内を撮影します。マイクロドローンで撮影された映像で撮影をすれば、パンフレットでは伝えることができなかった施設内部の情報を視覚的に紹介することが可能になります。

建物を紹介するだけでなく、小人や妖精視点の映像を再現する際にもドローン映像を活用することが可能です。アクションカメラでは再現できない映像を、マイクロドローンを活用して撮影しましょう。