バイラルマーケティング

バイラルマーケティング

動画の活用方法と事例・メリットをご紹介

バイラルマーケティング動画は、1本の動画がSNS上で拡散され多くの視聴者にリーチする動画です。低コストで多くのユーザーに影響を与えます。企業名・商品・サービスの認知度を拡大する「バイラルマーケティング動画」をどのように制作するのか解説します。

バイラルマーケティング

動画の掲載場所・活用場面

新商品・サービスの認知度を高めるために動画を投稿

新商品・サービスの認知度を高めるために動画を投稿

SNSに動画を投稿し、視聴者への認知度を高めます。視聴者が動画内容に共感することで、拡散され、制作した動画が多くの視聴者に見られる可能性が高くなります。
ユーザーの感情を動かすコンテンツを制作することで、商品・サービスだけでなく、企業のブランディングに繋がります。

オリジナリティ溢れる動画コンテンツを制作しブランディングをおこなう

オリジナリティ溢れる動画コンテンツを制作しブランディングをおこなう

オリジナリティ溢れるインパクトの強い映像を、Tik TokやTwitterに投稿します。視聴者から認知度のある商品やサービスのプロモーション映像では、視聴したユーザーから好感を得られるだけでなく、新規ターゲット層の獲得も期待出来ます。

SNSプラットフォームに合わせた動画を制作

SNSプラットフォームに合わせた動画を制作

SNSプラットフォームに最適なバイラル動画を制作し、投稿します。ターゲット層の多いプラットフォームにコンテンツを投稿することで、視聴者の認知度を高められるだけでなく、新規顧客の獲得が期待できるでしょう。

バイラルマーケティング

動画を活用するメリット

低コストでの動画拡散が可能

ブランディングに繋がる

動画を通してユーザーへメッセージを伝えやすい

バイラルマーケティング

LUVASがおすすめする動画表現

共感できる「あるある」をコンテンツとして制作

共感できる「あるある」をコンテンツとして制作

誰もが共感できる学校、恋愛、社会人の「あるあるネタ」を取り入れて、動画を制作します。あるあるネタを紹介するだけでなく、誇張した演出や馬鹿馬鹿しいシーンを取り入れることで、視聴者が「ツッコミ」を入れられるように動画構成を工夫します。

ツッコミを入れたくなるコンテンツは、動画として拡散されやすく、バイラル動画として多くの視聴者に閲覧してもらえる可能性が高くなります。

商品情報は動画ラストで紹介

商品情報は動画ラストで紹介

商品やサービスの情報に一切触れず、インパクトのある映像メインで映像を制作します。視聴者がコンテンツに興味・関心を持ったところで、商品・サービス企業名を伝えます。
視聴者を惹きつけるために、興味関心を引く立体的に見えるイラストや、動物、美男美女など、イメージと相性の良いものを選びましょう。

ビフォーアフターを見せる

ビフォーアフターを見せる

商品を使用する過程を表現し、印象的なビフォーアフターを通して商品・サービスの魅力を分かりやすく伝えます。
汚れをきれいにする掃除用品や、化粧をすることで表情が劇的に変化する様子など、視覚的に興味・関心を持つ構成を心がけましょう。

スゴ技で興味・関心を惹きつける

スゴ技で興味・関心を惹きつける

職人による素人には真似ができない作業風景や、アスリートのスキルを活用した技など人が驚く映像を動画に反映し、インパクトのある映像を制作します。

視聴者がついシェアをしたくなるような「10秒程度でわかる圧倒的なパフォーマンス」は何かを検討しましょう。

インフルエンサーを活用し動画を制作する

インフルエンサーを活用し動画を制作する

インフルエンサーを起用し動画を制作し、多くのフォロワーに拡散をしてもらいます。バイラル動画は緻密な構成をしたコンテンツでも拡散されない可能性があります。

インフルエンサーとコラボすることで、動画を投稿した段階から、一定のフォロワーにリーチが見込めシェアが期待できます。インフルエンサーを起用する際には、インフルエンサーの個性を活かすことができるようなコンテンツ制作を心がけましょう。