youtube動画広告

youtube動画広告

動画の活用方法と事例・メリットをご紹介

SNSプラットフォームの中でも登録者数が多く、10代〜20代だけでなく30代〜40代の8割も動画広告を多くの視聴者に閲覧されています。YouTube動画広告を活用することで、企業の知名度、商品・サービスの認知度の向上が期待できます。

youtube動画広告

動画の掲載場所・活用場面


バンパー広告を活用し企業の知名度・商品サービスの宣伝をおこなう


バンパー広告を活用し企業の知名度・商品サービスの宣伝をおこなう

動画再生前に流れるスキップができない「バンパー広告」を活用し、認知度・知名度の向上を目指します。視聴者は広告をスキップできない強制広告のため、動画を最後まで視聴してもらえる可能性が高くなります。

秒数が6秒〜15秒と短い時間のため、伝えたい情報を精査して発信するように心がけましょう。

テレビCMをYouTube広告として出稿

テレビCMをYouTube広告として出稿

地上波で放映されているCM映像をYouTubeに出稿し、特定のターゲットに配信します。YouTube広告は、視聴者層や配信する地域など、配信先の視聴者を細かく設定することができます。商品・サービスの潜在的な顧客に対し商品やサービスの魅力をアピールし、会員登録向上を目指しましょう。

ホームページへの導線として動画を制作

ホームページへの導線として動画を制作

動画を視聴したユーザーが、商品・サービスの利用・購入に繋げるため、動画概要欄にURLを掲載します。
宣伝動画を最後まで視聴したユーザーは、一般的なユーザーに比べて関心が高いため、顧客獲得に繋がる可能性が高くなります。

youtube動画広告

動画を活用するメリット

特定のターゲットに宣伝を発信

ミニマムな予算でWEB広告の制作が可能

利用者が多く顧客を獲得しやすい

youtube動画広告

LUVASがおすすめする動画表現

インフォグラフィック動画を活用しサービスを紹介

インフォグラフィック動画を活用しサービスを紹介

インフォグラフィック動画を活用し、商品やサービスの特徴を解説します。会員数や、サービス利用の流れなど、写真と文字での理解が難しい内容を分かりやすく伝えます。

新商品や新サービスをリリースする際には、インフォグラフィック動画を活用した動画制作がおすすめです。

漫画・イラストを通して商品・サービスを宣伝

漫画・イラストを通して商品・サービスを宣伝

漫画に動きをつけたアニメーション「漫画動画」を活用して商品を宣伝します。ストーリー仕立てで商品の特報やサービスを紹介するため、視聴者は3分程度の広告でも最後まで視聴してもらえる可能性があります。

ストーリーを煽るために誇大広告と認められると、広告配信が停止してしまう恐れがあるので、注意をしながらコンテンツを制作してください。

冒頭5秒でキャッチコピーを入れる

冒頭5秒でキャッチコピーを入れる

バンパー広告等では、短時間で商品やサービスを伝えるため、冒頭5秒で商品の価値やキャッチコピーを紹介します。

YouTube動画では冒頭5秒で動画をスキップするか継続視聴するかが決まるため、冒頭部で興味深いインパクトのあるシーンを入れることが求められます。

YouTuber風動画を制作し宣伝感を薄める

YouTuber風動画を制作し宣伝感を薄める

商品レビュー、「○○をやってみた」など、YouTube動画で視聴者が見たことがある動画の構成で宣伝動画を制作します。バラエティ風のコンテンツは親和性が高く、視聴される可能性が高くなります。

有名人を起用して商品の魅力をアピール

有名人を起用して商品の魅力をアピール

有名人を起用して商品の価値を紹介します。有名人を起用することで動画の注目度・関心度が高くなり、最後まで視聴してもらうことが可能です。多くのユーザーに視聴してもらいたい場合は、有名人を起用した動画コンテンツを制作しましょう。

商品のイメージに合うタレントやインフルエンサーを起用して、商品の認知度や親和性を高め、購買行動に繋げましょう。