教育

教育

動画の活用方法と事例・メリットをご紹介

2020年より新しい生活方式が取り入れられ、オンラインを活用した教育コンテンツが拡充しています。その中でも、教育動画はターゲットの年齢や属性に合わせたコンテンツを制作することで、口頭での説明よりもさらに理解度の高い動画を制作することが可能です。現場で活用できる教育動画にはどのようなものがあるのか解説します。

教育

動画の掲載場所・活用場面

講義風景を掲載し動画で紹介

講義風景を掲載し動画で紹介

講師が講義している様子を動画化して、各プラットフォームに掲載します。生徒は苦手な分野・得意分野の講義を何度も視聴し直すことができるため、学生のペースで学習が可能になります。

SNSプラットフォームに投稿し自社サービスを宣伝

SNSプラットフォームに投稿し自社サービスを宣伝

オンライン講義や自社の独自システムを分かりやすく紹介する映像を制作し、SNSプラットフォームで配信します。SNSプラットフォームを利用しているユーザーに対し、講義内容やサービスの特徴を視覚的に伝えることが可能です。ホームページの文章と写真による解説に比べ、理解度を深めることができます。

動画を通して実践的な分野の教育もリモート学習が可能に

動画を通して実践的な分野の教育もリモート学習が可能に

映像を通して実技の授業内容を視聴し、理解度を深めます。映像は何度も視聴できるため、欠席した学生だけでなく出席者も反復学習が可能になり、生徒の技術向上に繋げられます。専門的な分野でも鍼灸師やトレーナーなど、テキストや写真だけでなく実践的な説明が必要な現場では、動画を活用してリモート学習が可能です。

教育

動画を活用するメリット

学習内容を視覚的に伝えられる

移動中など隙間時間での学習が可能

反復学習が可能

教育

LUVASがおすすめする動画表現

講義内容を紹介

講義内容を紹介

塾や学校で実際におこなわれた講義内容を動画にしてアーカイブ映像として配信します。
重要な箇所や、講師が伝えたい情報をテロップに書き起こすことで、学生に分かりやすく情報を発信します。

アーカイブ映像を制作することで、生徒が反復学習することができるだけでなく、欠席した生徒に対しても出席者と同じ熱量で情報を伝えることが出来ます。

Eラーニングとしてシリーズ化する

Eラーニングとしてシリーズ化する

講師が特定のテーマについて、動画で学習できるように映像ツールを制作します。映像テーマと講義内容を提示し、どのようなスキルを習得できるのかを学ぶことが可能です。

講義様子をダイジェストでまとめた映像や、歴史分野の用語や専門用語を学ぶためのアニメーション動画など、学習内容に合わせてコンテンツを制作します。

SNSプラットフォームにデモ動画を投稿し、潜在的な顧客に向けてアピールすることも可能です。

アニメーションを活用し難解テーマを分かりやすく解説

アニメーションを活用し難解テーマを分かりやすく解説

歴史や数学の方程式など、難解なテーマについてアニメーション動画を制作し分かりやすく解説します。物語形式の動画を制作することで、視聴者が最後まで飽きずに最後まで動画を楽しく視聴することが可能です。

実際の様子を動画を通して紹介

実際の様子を動画を通して紹介

鍼灸師やトレーナーなど、実技を通して生徒に教育が必要な動画は、実技の様子を分かりやすく解説し紹介します。実践的な動画では、さまざまな角度からの映像を通して理解度を高めます。講師が実際に取り組んでいる様子を紹介することで、テキストや写真に比べて視覚的な解説が期待できます。

歌にして楽しく特定テーマを学ぶ

歌にして楽しく特定テーマを学ぶ

小学校低学年や幼稚園などをターゲットにした映像コンテンツでは、楽しく学ぶことが求められます。オリジナルソングを制作することで、生徒の興味・関心を惹きつけましょう。小学生で学ぶべき内容を楽しく学ぶために、オリジナル曲を制作し手軽に視聴できるコンテンツを制作してください。