学会用動画

学会用動画

活用方法と事例・メリットをご紹介

セミナーや学会の様子をテキストでレポートするのではなく、映像を配信するケースが増えています。
動画を制作することで、登壇者の文字起こしの手間を省くだけでなく、参加者に的確な情報を共有することが可能になります。

学会用動画

掲載場所・活用場面

学会の様子をダイジェストで紹介

学会の様子をダイジェストで紹介

学会当日の様子をダイジェスト映像で共有し、会場の様子をレポートします。従来の記事であれば、レポート内容の書き起こしが必要でしたが、映像を使用することで書き起こす手間を省き、正確な情報を伝えることが期待できます。

一般参加者に向けて動画を投稿

一般参加者に向けて動画を投稿

一般参加者に向けて、学会で使用した研究資料をまとめて分かりやすく情報を発信します。
知識のない一般参加者に正しい情報をわかりやすく伝えるため、動画では数値や登壇者の話していた情報を分かりやすくまとめ解説します。

ライブ配信を活用し学会の議論の活発化を図る

ライブ配信を活用し学会の議論の活発化を図る

ライブ配信を活用し、学会の議論の活発化を図ります。ライブ映像を、さまざまな場所に中継することで、出席出来なかった専門家と議論をおこなうことができます。

学会用動画

動画を活用にするメリット

学会の様子を的確に伝えることが可能

テロップやグラフなどを捕捉することで映像が理解できる

一般人への理解度を深めることが期待できる

学会用動画

LUVASがおすすめする動画表現

学会様子をダイジェスト映像にまとめる

学会様子をダイジェスト映像にまとめる

学会の様子を報告するために、当日の様子をダイジェスト映像にまとめて紹介します。ダイジェスト映像では、登壇者の表情や、会場の様子を紹介し、欠席者に当日どのような会であったのかを分かりやすく解説します。

一般参加者向けの学会を開催予定であれば、過去の映像を用いて集客用動画として活用することも可能です。

紙資料をサブ画面に出し分かりやすく紹介

紙資料をサブ画面に出し分かりやすく紹介

登壇者が話している情報を分かりやすくするために、プレゼンテーション用映像を用いながら情報を紹介します。

プレゼンテーション用の資料を映像に出力することで、視聴者は登壇者が何を解説しているのかを理解しながら映像を見ることが可能です。

インフォグラフィックを活用し仕組みを解説

インフォグラフィックを活用し仕組みを解説

研究結果をインフォグラフィックで紹介することで、参加者に視覚的にイメージを伝えることが可能です。
報告のイントロダクションで動画を展開することで、研究報告で何を伝えたいのか冒頭から参加者の興味・関心を惹きつけ報告を進行していくことができます。

ライブ中継時にアンケート機能の活用

ライブ中継時にアンケート機能の活用

研究報告会で、他の会場にライブ中継をしているのであれば、リアルアンケート機能を活用し、参加者の反応を伺います。研究報告内容について参加者から意見を集めることができます。

アンケートを用いることで、参加者は一方的に聞き役に徹するだけでなく参加型の研究会として盛り上げられるでしょう。

インタビュー動画

インタビュー動画

社会学者の研究報告ではインタビュー動画を活用して、データから見えてきた情報について、掘り下げながら情報を発信することが可能です。
インタビュー動画では、情報に偏りが生まれないよう、いくつかの対象者にインタビューをおこない、誤解が生じないように情報を発信します。