セミナー・説明会

セミナー・説明会

活用方法と事例・メリットをご紹介

WEBを活用したセミナーや説明会の様子を動画として配信すると、企業のブランディングや顧客獲得が期待出来ます。セミナー映像をどのようなアプローチで動画として活用すると、訴求力の高いコンテンツが可能になるのか本記事で解説します。

セミナー・説明会

掲載場所・活用場面

欠席者に向けてアーカイブ映像として配信

欠席者に向けてアーカイブ映像として配信

セミナーや説明会の様子をアーカイブ映像として発信します。主なメインターゲットは、当日イベントに出席出来なかった欠席者です。

欠席者に向けて配信をすることで、当日参加出来なかったユーザーに対し情報共有が可能になります。

アーカイブ映像は何度も繰り返し閲覧できるので、欠席者だけでなく当日参加者にも学習映像としての活用が可能となり、満足度を高めることが出来ます。

ホームページに掲載

ホームページに掲載

セミナーの一部をホームページに掲載し、イベントの参加希望者に対し当日の活動内容を紹介します。短時間で参加者の雰囲気やイベントの様子を紹介し、視聴者への参加意欲促進に役立つでしょう。

営業資料として顧客にURLを共有

営業資料として顧客にURLを共有

セミナー映像をユーザーや会員に無料で配布し、セミナー・説明会様子を共有します。限定公開したURLを視聴した会員が商品やサービスを利用できるよう、購入ページURLを合わせて掲載し、参加者の購買意欲を促進します。

セミナー・説明会

動画を活用にするメリット

イベントの様子を分かりやすく伝えられる

営業用資料として活用が可能

短時間でイベントの魅力を伝えることができる

セミナー・説明会

LUVASがおすすめする動画表現

ダイジェスト映像を活用しセミナー様子を紹介

ダイジェスト映像を活用しセミナー様子を紹介

セミナー・説明会の様子を伝えるために、ダイジェスト映像を制作します。ダイジェスト映像は4~5分程度の尺にして、イベントのポイントをまとめて紹介しましょう。
セミナー・説明会に対して高井意識を持つユーザーが、効率よく情報収集できるよう要点を分かりやすくまとめて情報を発信します。

イベント予告として動画を制作

イベント予告として動画を制作

イベント当日の様子を1分〜2分程度にまとめ、次回イベントの予告動画を制作します。イベントの登壇者がどのような話をしていたのか、映像を通して分かりやすく伝え参加希望者にイベントの雰囲気を視覚的に伝えます。

スライドと登壇者の話を1画面にまとめる

スライドと登壇者の話を1画面にまとめる

アーカイブ動画では、セミナーで活用した動画を分かりやすく紹介するために使用した資料をワイプに分かりやすくまとめて紹介します。
スライドショーと話す内容を同期させることで、アーカイブ動画を視聴したユーザーの理解度を高めることが可能です。
理解度を高めた映像は、視聴後に商品の購入やサービス利用が期待できるでしょう。

合成映像を活用してセミナーを見やすくする

合成映像を活用してセミナーを見やすくする

グリーンバックで撮影し、背景をアニメーションやCGと合成をします。アニメーション映像を活用することで、イベント参加者の興味・関心を惹きつけることが可能になります。
CGやアニメーションは、会社ロゴ、イベントテーマに合わせた画像など、プレゼンテーションに合わせて何パターンか用意しておくと、マンネリ化を防ぎ新鮮な気持ちで説明会を進行することが出来ます。

テロップを使い登壇者の伝えたい内容をアピール

テロップを使い登壇者の伝えたい内容をアピール

セミナー動画の要所要所でテロップを活用し、重要なポイントをわかりやすく紹介します。テロップを用いて重要箇所を強調することで、視聴者は飽きずに動画を視聴することができます。