新卒・中途採用

新卒・中途採用

動画の活用方法と事例・メリットをご紹介

新卒・中途採用を獲得時に、企業が動画を制作し、企業の魅力や会社での働きやすさを分かりすく紹介する事例が急増しています。

動画を制作することで、企業が求める人物像や会社の目指すビジョンを視覚的に伝えられ、応募者のミスマッチを防ぐことが可能です。

新卒・中途採用

動画の掲載場所・活用場面

会社合同説明会で
PVを紹介

会社合同説明会で
PVを紹介

新卒向けの合同説明会では冒頭にPVを流すことで、会社のイメージを分かりやすく表現することが出来ます。PVは企業によってアプローチが異なり、数分の動画で企業のイメージに直結する動画を制作することが可能です。

採用特設ページに掲載し
企業情報をPRする

採用特設ページに掲載し
企業情報をPRする

新卒・中途採用者を採用するための特設ページにて、動画を掲載します。動画では、「企業のコンセプト映像」「募集要項」「応募方法」など、採用者向けに有益になるようなコンテンツを制作します。

映像を通して情報を発信することで、ホームページやパンフレットで紹介する文章では伝えられないニュアンスを発信することが可能になります。

SNSプラットフォームを活用し
募集要項を発信

SNSプラットフォームを活用し
募集要項を発信

Tik TokやTwitterなどに向けて話題性の高いコンテンツを発信し、拡散を目的とした動画を制作します。ユーザーが動画を拡散し再生回数が増えることで、結果的に企業の認知度の向上に繋げることが可能です。

新卒・中途採用

動画を活用するメリット

応募者に向けて社風・企業イメージをより具体的に発信が可能

現場社員の声を通して企業の目標・やりがいを発信しミスマッチを事前に防ぐ

人事制度や働き方などを応募者が質問しづらい内容を分かりやすく紹介

新卒・中途採用

LUVASがおすすめする動画表現

社員インタビュー

社員インタビュー

現場で働く社員にインタビューをおこない、「仕事内容」や「やりがい」を発信することが可能です。実際に仕事をしている様子、社員同士が笑顔で話しているシーンを取り入れ、応募者が「自分も働いてみたい」と感じる訴求力のある映像を制作します。

座談会形式で企業の魅力を解説

座談会形式で企業の魅力を解説

バラエティ番組のような座談会形式の動画も、企業イメージを伝える手段として有効です。動画のテロップやBGMをバラエティ動画のテイストで統一することで、最後まで飽きずに視聴してもらうことが出来ます。

アニメーション映像をOP・EDで活用

アニメーション映像をOP・EDで活用

合同説明会の冒頭にアニメーション映像を流すことで、企業イメージを端的に伝えることが出来ます。ストーリー仕立ての映像を制作することで、参加者の興味を惹きつけることが可能です。

ドローン・タイムラプス映像を活用したコンセプト動画

ドローン・タイムラプス映像を活用したコンセプト動画

会社のイメージを伝えるためにコンセプト動画を制作して応募者に企業の魅力を発信します。ドローン映像で工場やオフィスの様子を撮影することで、どのような職場で働くのかをイメージしてもらうことが可能です。さらに建設会社ではタイムラプスを活用することで、実際に手がけたビルの制作過程を短時間で分かりやすく紹介することも出来ます。

インフォグラフィック動画

インフォグラフィック動画

事業内容のイメージが難しく、ホームページの文章で伝えることが難しい場合は、インフォグラフィック動画で仕事内容を紹介する方法も有効です。
イラストで視覚的に分かりやすいデザインに変換し、テンポよい動画で紹介することで、文章でイメージ出来ない情報を補うことが可能です。